ゴルフスイングで 最も重要な『左股関節の柔軟性』

左股関節は硬くなっていませんか?

ゴルフスイングにおいて

特に重要になるのが

インパクトの際の左股関節の動きになります。

通常はインパクトの際に左股関節を軸に身体が回転するため

左股関節の内旋(ないせん)という動きが必要になります。

しかし

左股関節の柔軟性が低下していた場合

インパクトで内旋が不足して

骨盤の過剰なシフトである『スウェイ』が生じやすくなり

ミスショットの原因となってしまいます。

▼スウェイとは?

今回はこの『スウェイ』を防止するための

1分間でできる左股関節の柔軟性トレーニングをご紹介します(^^)/

 
スポンサーリンク

左股関節の柔軟性トレーニング

動画の中でご紹介している

左股関節の柔軟性のトレーニングだけでは

実際のスイング時の左股関節の動きはイメージしにくいと思います。

そこで

スイングの中でしっかりと左股関節の動きができるように

以下の練習を合わせて行うことがお勧めです。

▼スイングの中で左股関節の動きを強調する

是非一度お試し頂き

ミスショットを減らして

スコアアップしましょう(^^)/

関連記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。