ゴルフスイング中の股関節の動きを解説【トッププロのスイング】

ゴルフスイング中の股関節動きは重要

ゴルフのスイング中に

股関節の動きをイメージしていますか?

☑腰

☑肩

☑手首

などは意識していても

意外と股関節の動きは忘れられることが多いです。

しかし

この股関節の動きがスイングの中ではとても重要になります。

そして

この部分の動きが理解できると

一気にトッププロのスイングに近づきます。

ではどのような動きをしたら良いのか?

タイガーウッズのスイングを参考に解説していきます(^^)/

 
スポンサーリンク

スイング中の股関節の動かし方

動画の中で解説している

スイング中の股関節の動きですが

バックスイングダウンスイングで動きが異なります。

ここから

それぞれに分けて解説していきます。

バックスイングでの股関節の動き

バックスイングでは

両膝を外側へ動かします。

この動きは股関節の外転(がいてん)外旋(がいせん)と言います。

この動きはバックスイングの際の

過剰な骨盤の回旋(回転)を抑制し

ダウンスイング~インパクトへの『溜め』をつくる

重要な動きになります。

ダウンスイングでの股関節の動き

ダウンスイングでは

両膝を内側へ動かします。

この動きは股関節の転(ないてん)旋(ないせん)と言います。

この動きはダウンスイングの際の

骨盤の回旋(回転)を促進し

ダウンスイング~インパクトでの

下半身を使ったスイング(腰が回りやすい)

重要な動きになります。

では

トッププロの中でも誰もが知る

『タイガーウッズ』のスイングを見てみましょう!!

タイガーウッズのスイング

タイガーウッズのスイングを見ると

バックスイングでは

股関節の外転と外旋位に維持されており

両膝は内側に入らず外を向いています。

ダウンスイング~インパクトにかけては

股関節の内転と内旋が強調されており

急激に腰の回転が見られます。

ゴルフの『腰で打て!!』というアドバイスを

よく耳にしますが

それはこの股関節の動きが大きく影響していることになります。

意識するべきは

腰の動きではなく

股関節の動きということになります。

是非、皆さんもお試し頂き

ご意見ご感想を頂けると嬉しいです(^^)/

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。