まっすぐ飛ばすにはトップでの掌屈/ヒンジングが重要

ゴルフスイングの時の手首の動き

皆さんは

トップでの左手首の動きを意識したことはありますか?

このトップでの左手首の動きで

アマチュアゴルファーに多いのは背屈(はいくつ)になります。

プロゴルファーに多いのはヒンジング/掌屈(しょうくつ)になります。

では背屈と掌屈

ボールをまっすぐ飛ばすにはどちらが正解なのか?

今回はその辺りを解説したいと思います(^^)/

 
スポンサーリンク

トップでの左手首の正しい動き

この動画の補足になりますが

トップでの背屈と掌屈の違いを

もう少し詳しく解説していきます(^^)/

トップで背屈した場合

トップで

①左手首が背屈した場合

②クラブヘッドが頭側に近づくクロスオーバーとなります。

さらに

この状態でインパクトを向かえると

③フェースが開きやすくなります。

そのため

右方向へのミスショットが多くなってしまいます。

トップで掌屈した場合

トップで

①左手首が掌屈した場合

②クラブヘッドが後ろからは見えないもしくは

背中側にクラブが見える状態になります。

さらに

この状態でインパクトを向かえると

③フェースが閉じやすくなります。

このままでは

ボールは左方向へ飛びやすくなります。

それを修正するためにもう一つ必要なのは

ダウンスイング~インパクトにかけての腰の回転になります。

腰の回転を行うとフェース面は開きやすくなります。

つまり

A.左手首の掌屈=フェース面が閉じやすい

B.腰の回転=フェース面が開きやすい

という逆行した作用があるので

A+Bでちょうどフェース面がまっすぐになり

ボールがまっすぐ飛ぶようになります。

ここで言えるのは

AだけでもBだけでもミスショットの原因となるので

スイング中の腰の回転もしっかりと意識しましょう。

▼腰の回転が行いやすくなる練習

左手首の掌屈と腰の回転をしっかり意識して

まっすぐボールを飛ばせるようにしましょう(^^)/

関連記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。