ゴルフ/身長が高いと『不利』になる3つの理由

身長が高いと『不利』になる3つの理由

タイトルの通り

ゴルフでは身長が高いと『不利』が生じます。

①ミスショットが増える

②腰痛を引き起こしやすくなる

③クラブ調整にお金がかかる

特に身長170cm以上の方はこの3つの『不利』

影響を受ける可能性があります。

今回はこの3つの『不利』について

それぞれもう少し詳しく解説いたします。

 

 
スポンサーリンク

①ミスショットが増える

身長が高いとミスショットが増えやすくなります。

その主な原因は

ゴルフクラブの長さが短く

アドレス時の前傾角度が大きくなってしまうことにあります。

そもそもゴルフクラブは

お店では同じ長さのものが販売されています。

なので

当然使用者の身長が高ければ高いほど

アドレス時に前傾角度を大きくする必要があります。

例えば

私の場合、身長178cmなのですが

アドレス時に以下のような前傾姿勢となります。

地面に対して垂直な線

股関節と外耳口(耳の穴)を結んだ線

できた角度が37度となっています。

通常はこの角度が29度になると理想的な前傾角度と言えます。

前傾角度の計測できるスマホアプリは

過去の記事をご覧ください。

▼スマホでスイング分析

このように

アドレス時の前傾姿勢が過剰になてしまうと

スイング中の上半身の位置が一定せず

身体の上下の浮き沈みが出やすくなります。

それによって

ダフリやトップなどのミスショットが生じやすくなります。

改善策は身体の上下の動きを減らす

『レベルスイング』を身につけることになります。

▼『レベルスイング』習得方法

②腰痛を引き起こしやすくなる

これも

スイング時の身体の前傾姿勢が

過剰となることが要因となります。

前傾姿勢が過剰となった状態でスイングし続けると

☑腰椎椎間板ヘルニア

☑椎弓骨折

このようなケガに繋がってしまう可能性があります。

詳しい解説は以下の記事をご覧ください。

▼『腰痛』を引き起こすスイング

 

③クラブ調整にお金がかかる

先程も説明しましたが

ゴルフでは

身長の高い方が『不利』になる根源は

クラブが短いことです。

身長に合わせてクラブを多く用意するのは

お店側も難しいでしょう。

そうなると

クラブの長さを

ご自分に合った長さに調整する必要があります。

ほとんどのゴルフショップで

オーダーメイドで適度な長さのクラブを調整することは可能ですが

数万円という費用を覚悟しなければなりません。

しかし

私も身長178cmですが長さ調整は行っていません。

その代わりに

ゴルフクラブの『ライ角』という部分を

大きくするすることで多少前傾角度は緩和されます。

気休め程度ですが

角度を変えるとミスショットは明らかに減りました。

▼ライ角

プロゴルファーの中では

アニカソレンスタム選手は

ほとんどのクラブの長さを伸ばしています。

そのため

私が知る限り

最も前傾角度が抑えられたスイングをする選手だと思います。

▼アニカソレンスタム選手のスイング

最後に少しまとめると

身長が170cm以上だとゴルフでは

①ミスショットが増える

②腰痛を引き起こしやすくなる

③クラブ調整にお金がかかる

といった3つの『不利』が生じる。

解決策は

☑クラブの長さを伸ばす

☑クラブのライ角を大きくする

☑レベルスイングの練習をする

ということになります。

参考にして頂ければと思います(^^)/

 

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。