50ヤード以内アプローチが激変する【ハンドファースト矯正サポーター】

ハンドファーストはグリーン周りで役に立つ

ハンドファーストを

イメージしながら打つと

特にグリーン周りでの

☑ダフリ、トップ激減

☑止まるアプローチが打てる

など利点は多くあります。

▼止まるアプローチのコツ

しかし

ハンドファーストを

意識しても

手首をほどいてしまう

という方は多くいらっしゃいます。

 

そこで今回は

ハンドファーストを矯正してくれる

手首のサポーターをご紹介します(^^)/

 
スポンサーリンク

ハンドファースト矯正手首サポーター

出典:Amazon.co.jp

このサポーターの練習目的は

①ハンドファーストコンタクトを会得する 

②インパクトまで手首の掌屈状態をキープさせる 

≫ 手首の掌屈とは?

③その結果

クラブはインサイドから入り

自然とシャローな軌道となる

④ ①~③により

ハンドファーストコンタクトが

可能になればミート率アップする

⑤さらにエネルギー効率が

上がり飛距離アップも可能になる

 

といった様々な利点があります。

 

しかし

ハンドファーストを

矯正しすぎると

左肩を痛めてしまう

可能性もあるので

この矯正器具を使用した練習は

ハーフショットまでの

練習にとどめるようにしましょう(^^)/

関連記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。