ゴルフ/『ハムストリングス』のストレッチ~インパクトが変わる!?~

木村 陽志
木村 陽志

今回はゴルフのスイングに関係する『ハムストリングス』について解説していきたいと思います。

ゴルフと『ハムストリングス』

『ハムストリングス』とは

もも裏にある

☑ 半腱様筋(はんけんようきん)

☑ 半膜様筋(はんまくようきん)

☑ 大腿二頭筋(だいたいにとうきん)

の3つの筋の総称で柔軟性が低下すると

以下のように

骨盤の後傾(後ろに倒れる動き)しやすくなります。

このように

骨盤が後傾していると右のイラストのように

股関節の靭帯が張った状態となり

以下のように『インパクト』で腰の回転が出にくくなります。

通常は

左写真のように『インパクト』では腰の回転に伴い

右足の踵が地面から離れますが

『ハムストリングス』の柔軟性が低下して腰の回転不足になると

『インパクト』で右足が地面から離れず

体重が残ったままになってしまいます。

この状態では

上半身だけでスイングするため

飛距離が落ちやすく

後々『力み』『ミスショット』

の悪循環に陥ってしまいます。

そうならないために

以下の動画で『ハムストリングス』のストレッチ方法を

解説していますので参考にして頂ければと思います。

ハムストリングスのストレッチ

木村 陽志
木村 陽志

いかがでしょうか?
『ハムストリングス』のストレッチは
お風呂上り or ゴルフの練習前に左右10秒を2セットずつ行うのがお勧めです。是非お試しください(^^)/

 
スポンサーリンク

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください