『ハーフトップ』の低弾道ショットが役に立つ場面とは!?

ハーフトップの低弾道ショットとは

『トップ』と言えばボールの上を打ってしまい

チョロチョロとゴロの球が出る

ミスショットのことをあらわしますが

『ハーフトップ』といって

『トップ』よりもややボールの真ん中寄りで

ボールを捉えることで低弾道のショットが可能となります。

この『ハーフトップ』の低弾道ショットが

意外と役に立つ場面があるので

今回はその辺りを解説したいと思います(^^)/

 
スポンサーリンク

【動画】ハーフトップの低弾道ショット

動画の中でも紹介していますが

『ハーフトップ』の低弾道ショットは

主に3つの場面で役に立ちます。

①風が強いとき

風が強いときは

ボールが風の影響を受けやすく

特に滞空時間が長くなるような高弾道の球だと

まっすぐ打ち出したのにOBになってしまう

ということにもなり得ます。

なので

風が強い日は低く勢いのある

『低弾道ショット』がオススメになります。

②セカンドショットのバンカー

セカンドショットのバンカーは

ある程度の飛距離が必要になります。

ここで通常のバンカーショットのように

砂にクラブがとられてしまうと

飛距離が落ちてしまいます。

セカンドショット付近のバンカーは

アゴが低く、比較的平らなバンカーが多いので

『ハーフトップ』の低弾道ショットで

ミスショットを減らして

ある程度距離をかせぎましょう。

③ベアグラウンド

ベアグラウンドは

木々が生い茂っていて

芝が少なく地面の硬い土がむき出しになった場所になります。

こういった場面では

クラブが少し地面に触れるだけで

『ダフリ』やすいので

『ハーフトップ』でショットすることがオススメです。

▼ベアグラウンドのその他の対策

まとめ

『ハーフトップ』の低弾道ショットは

①風が強い日

②セカンドショットのバンカー

③ベアグラウンド

で有効です。

ラウンド中はこのような場面に一度は出くわすと思いますので

『ハーフトップ』の低弾道ショットを

練習をしておくとよいですね。

最後に補足ですが

低弾道ショットは

☑3~5番アイアン

☑ユーティリティ(4番)

を使用することがオススメです。

是非試してみてください(^^)/

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。