300ヤード飛ぶゴルファーがスイング中にやってる動き

300ヤード飛ばせる

ゴルフのティーショットで

300ヤード飛ばすのは夢のまた夢!

そう思っている方が大半だと思います。

 

しかし

実はそれは夢ではなく

実現できる可能性があります。

 

そこで今回は

300ヤード飛ばせるゴルファーが

必ずやっているスイング中の1つの動きについて

解説します(^^)/

 
スポンサーリンク

300ヤード飛ぶゴルファーの1つの動き

この動画の中で解説されていますが

300ヤード飛ばすために必要な

スイング中に身体の動きは

インパクト時のフェースローテーションになります。

ちなみにこの動画の中で解説している

てらゆーさんの握力は30kg以下とのことです。

つまり

力ではなく

身体の使い方が重要ということになります。

 

そんなこと知ってる!!

 

という方も多いと思いますが

知っていてもできているとは限りません。

もしこのフェースローテーションを使わずに

すでにドライバーの飛距離が

250ヤード以上飛ぶという方は

300ヤード飛ばせる可能性が高いです。

 

それほどまでにこの

スイング中の手首のフェースローテーションの動きは

重要なのです。

 

ではフェースローテーションを行うと

なぜ飛距離が出るのでしょうか?

フェースローテーションで300ヤード飛ぶ理由

フェースローテーションを行うことで

インパクト付近で急激にヘッドを走らせることが出来ます。

 

それによって

ヘッドスピードが上がり

飛距離が出るようになります。

▼フェースローテーションによる二重振り子

しかし

このフェースローテーションは分かっていても

スイング中に意識して

しっかりまっすぐ飛ばすのは難しい!!

そういった方には

以下のような練習器具がお勧めです。

意識しなくとも

フェースローテーションが習得しやすくなります。

▼フェースローテーションを習得する練習器具

力ではなく

効率的なスイングで

飛距離アップを目指しましょう(^^)/

関連記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。