ゴルフに必要な『全身ストレッチ』

ゴルフの前のストレッチが重要な理由

皆さんはゴルフの練習やラウンド前に『ストレッチ』『準備体操』を行いますか?

『YES』と答える方は意外に少ないと思います。

その理由は

『どういうストレッチを行ったらよいかわからない』

『スイングしてれば勝手にほぐれる』

『めんどくさい』

など

人によって様々だと思います。

 

しかし

多くのスイングを解析させて頂いている立場として

とにかく身体の柔軟性の問題でスイングが崩れている方が多い

というのが私自身の感想です。

例えば

このような背中が丸まったアドレスです。

過去の記事で何度もご説明した部分ではありますが

この姿勢のままスイングを行うとかなりパフォーマンスを落とすことになってしまいます。

そして

これは肩甲骨や背骨、股関節の柔軟性が低下した方に多く見られる姿勢です。

さらに

ゴルフって見た目も大切!?

写真のように

フィニッシュが決まるかどうかも身体の柔軟性が重要となります。

右の写真はストレッチ後のフィッシュになります。

『背中の捻り具合』

『お尻と足裏の見え方』

つまり

身体がしっかり回っているということになります。

ゴルフは身体を回転させてスイングするスポーツです。

この回転が失われてしまうと

『飛距離』

『ミート率』

の低下を引き起こし

結果的にパフォーマンスが落ちてしまうことになってしまいます。

そして身体がしっかり回転すると

フィニッシュも決まり

『カッコいいスイング』にもなります。

スイングが『カッコいい』ことは

ゴルフを行う上でモチベーションとなる重要な要素ではないでしょうか?

スポンサーリンク

なぜ身体が固くなる!?

そして

ストレッチはできる限りゴルフを行う前に毎回行うことがポイントとなります。

なぜならば

私たちの身体は

『加齢』

『事務仕事』

『運動不足』

『寝返りが少ない』

など

様々な理由で常に身体の柔軟性を失っているのです。

もし

身体が固いままスイングをし続けてしまうと

ケガやパフォーマンス低下の要因となってしまいます。

しかし

『ストレッチなんかめんどくさい』

それは私自身も同じ意見です。

なので

今回はこれさえ行えば

ゴルフに必要な全身の筋を『一気にストレッチ』できる方法をご紹介致します。

ちなみに

めんどくさがり屋の私自身も

ゴルフ前にこれだけは必ず行うようにしています。

 

ゴルフに必要な全身ストレッチ

写真のように

この『ストレッチ』だけで

様々な筋が伸ばされて『全身の柔軟性』が高まります。

方法を以下に示します。

ストレッチの方法

①まずアイアン(7番or8番アイアン)を用意します。

②用意したアイアンを写真のように横向きにしてシャフト部分を背中にあてて両肘に通して固定します。

③そのまま左脚を前に出し、アキレス腱伸ばしのような姿勢をとります。

④前に出した脚の方向(左脚なら左方向)へ身体を回転させます。

⑤このまま約10秒以上その姿勢を維持してください。

⑥この時に後ろにある足の踵が地面から離れないようにしてください。

⑦一通り終わったら次は逆側を行います。

⑧最低でも左右2回ずつ行ってください。

 

実際の『ストレッチ動画』です⇩⇩⇩⇩⇩

ストレッチ動画

木村 陽志
木村 陽志

いかがでしょうか?
今回ご紹介した『ストレッチ』は簡単に行えますし、いつからでもはじめられます。
是非、練習前に試してみてくださいね(^^)/
そしてスイングのしやすさを実感してみてください♫

スポンサーリンク

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください