ゴルフに必要な『肩』『骨盤』のトレーニング

フィニッシュが決まる『肩』『骨盤』の動き

年齢とともに特に動きが悪うなりやすいのが

『肩』『骨盤』の動きです。

気づかないうちにどんどん動きが悪くなります。

ゴルフのスイングにおいて

上半身の回転には肩の動き

下半身の回転には骨盤(股関節)の動き

が重要な役割を果たします。

 

最近ゴルフの

『飛距離が落ちた』

『ミスショットが増えた』

なんて方はもしかしたら、

『肩』 と 『骨盤』の動きが極端に悪くなり

身体の回転が不足している可能性があります。

特にスイング後の “フィニッシュ” が決まらないという方は要チェックです。

そんな方にオススメのトレーニングをご紹介致します。

このトレーニングが上手くできない方は

特に 『肩』と 『骨盤』の動きが悪くなっている可能性があります。

スポンサーリンク

『肩』『骨盤』のトレーニング

【準備するもの】

バランスボールもしくはソファーなど座面が柔らかい椅子

◆クラブ1本:アイアン(番手はどれでもかまいません)

【手順】

バランスボールに座った状態で両膝が内側に入らないように脚を開いて座ります。

両足はつま先を少し外に向けておきます。

膝は90度よりも曲がらないように座ります。

◇アイアンを横にして両手で持ちます。

◇肩を90度にまっすぐあげて、その状態をキープしながら骨盤を前後に反復して動かします。

◇慣れてきたら骨盤の前後の動きに加えて、肩の上下の動きを加えます 。

※腰の手術をされたばかりの方、または骨折後の方などはこれを行う前に必ず医療従事者にご相談ください。

実際の練習動画です⇩⇩⇩⇩⇩

木村 陽志
木村 陽志

いかがでしょうか?
バランスボールをお持ちの方は自宅でも行うことができるトレーニングです。
是非試してみてくださいね(^^)/

スポンサーリンク

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください