ゴルフ/身体の浮き沈みを改善するスイング練習

身体の浮き沈みを改善する秘策とは!?

ゴルフスイングの際に

『身体の固さ』『スイング軌道』『力み』など様々な理由で身体の上下の浮き沈みが生じる場合があります。

多く見られるのは

バックスイングの際の身体の浮き上がりとダウンスイングからインパクト時の身体の沈み込みです。

これは前傾姿勢が保てない初心者や身体が固くなってきた高齢者の方々に多く見られます。

次に多いのはドライバーなどの長いシャフトのクラブを振るときに

スイング軌道が極端な縦振りになりやすい方はダウンスイングで身体が伸びあがりやすくなります。

このように、理由は人によって様々ですが

打っている本人は意外と気づいていないものです。

“あること” をするとスイングの際に身体の浮き沈みがあるかどうか、すぐにわかります。

“あること” とは、

そうです。下の写真のようにお尻を “ゴルフバック” にくっつけてアドレスをとります。

この状態でスイングを行うのですが

基本的には “ゴルフバック” からお尻が離れないようにスイングします。

単純に、お尻が離れてしまう場合は身体が浮き上がってしまっている。

ゴルフバックをお尻で押しすぎてしまう場合は身体が沈み込んでしまっているということになります。

皆さんはいかがでしょうか?

では、以下に手順の説明を致します。

スポンサーリンク

練習方法

【手順】

①長めのプラスチック棒(ドライバーだとダフるとキズがつく)、

7番アイアン、ゴルフバックを使用します。

②お尻に着くようにゴルフバックを置きます。

③ゴルフバックからお尻が離れないようにスイングを繰り返します。

通常はバックスイングの時は右臀部がバックに触れ、インパクトからフォロースルーで左臀部が触れる事になります。

太田 浩貴
太田 浩貴

臀部の位置を一定に保つ事で、スイングの際の軸のブレを防ぎます。
是非、お試しください(^^)/

実際の練習動画

あなたはどんなスイングをしていますか?

ゴルフが上達するには自分のスイングを知ること、

そのうえで自分に合った練習を積み重ねることが重要です。

Looks funはあなたのスイング動画を専属のインストラクターが

無料で解析・解説致します。

スイング解析をご希望の方はお気軽にご相談ください。

スポンサーリンク

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください