ゴルフ/『当たらない』を”自宅練習”だけで解決する2つの方法

木村 陽志
木村 陽志

以前、ツイートでこのような論文を紹介しました。

『脳』は

ゴルフクラブのような道具を

身体の一部として認識し、『自分の手』になりうる。

という論文になります。

▼▼▼

»Somatosensory Cortex Efficiently Processes Touch Located Beyond the Body

この論文の結果をみると

ゴルフの練習を積み重ねるうちに

ショットが安定するというのも納得がいきます。

練習量はやはり裏切らないですね。

▼ゴルフ上達に必要な『練習量』は?

クラブが『自分の手』となる方法

このように

ゴルフクラブを『自分の手』のように扱えるようになり

ボールにしっかり『当たる』ようになるには

ある程度の練習量が必要となります。

しかし

なかなか練習場には足を運べない!!

といった人もいらっしゃると思いますので

今回は”クラブが『自分の手』となる2つの方法”をご紹介します。

その2つの方法とは

①ゴルフリフティング

②マットを使った素振り

になります。

 
スポンサーリンク
木村 陽志
木村 陽志

では、ここから2つの練習を解説していきます。

① ゴルフリフティング

1つ目の練習は

『ゴルフリフティング』になります。

この練習はウェッジのフェース面で

ボールを何回も弾ませるいわゆる”リフティング”になります。

石川遼プロも『ゴルフリフティング』

練習の中に取り入れているそうですが

『フェース面が自分の手のようになる』

先程の論文の結果と同じような発言をしているので驚きです。

やはり

プロの感性はとても優れているのでしょう!!

『ゴルフリフティング』の詳細はこちら

② マットを使った素振り

2つ目は

『マットを使った素振り』です。

この練習はシンプルで

このような練習用マットを使用します。

先程のような『ゴルフリフティング』だけでは

スイングの中での感覚はつかみにくいので

実際にスイングしてマットにヘッドをかすめます

マットが動いてしまう場合は『ダフリ』の可能性があり

マットをかすめずに空振りした場合は『トップ』の可能性があります。

» 『ダフリ』『トップ』とは?

この素振りを何回も行ってマットをかすめることで

ボールを正確につかまえるようになります。

『マットを使った素振り』の詳細はこちら

木村 陽志
木村 陽志

①ゴルフリフティング
②マットを使った素振り
の2つの練習は自宅で毎日行えますので、練習場に行けない人にもおすすめです。是非お試しください(^^)/

 
スポンサーリンク

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください