ゴルフ/渋野選手もやってる飛距離アップに繋がる右手の使い方

右手の動きが身体全体の動きとなる!?

従来、ゴルフのスイングでは左手の動きが重要視されてきました。

しかし、左手の動きを意識しすぎると”手打ち”になってしまったり、

アウトサイドインのカット軌道になり”スライスボール”が出やすくなります。

もちろん”スライスボール”ばかりだと、ボールが着地してからの転がりも減少するので飛距離が出にくくなります。

重要なのは、右手だけでボールを打った時にまっすぐ飛ぶかどうかです。

それを達成するためには、

①右手が身体の近い場所を通ること

②手ではなく肩と腰を回して打つこと

つまり、これができると

トッププロのような『インサイドインのスイング軌道』や『身体全体をつかったスイング』

が可能となり、結果的に”飛距離アップ”に繋がるということです。

ちなみにこの練習は女子ゴルフの渋野選手も実践しているものになります。

では、早速手順を説明していきます。

スポンサーリンク

【手順】

AW(アプローチウェッジ)もしくはSW(サンドウェッジ)を使用します。

②写真のように左手で右手上腕を持ち、軽く右の脇腹に固定しておきます。

 


③右手を軽く固定したままバックスイングを行います。

④ダウンスイングでは左手を使い、右肘を黄色矢印の方向に誘導しましょう。

⑤右肘が右の腰あたりに近づいたら、右の写真のように下半身(骨盤)を回転させていきましょう(下半身が回転するとインパクト時に右踵が地面から少し離れます)。

⑥インパクトの際に最下点でマットをクラブヘッドで軽くこすります

⑦上記を繰り返し行い、徐々にスイングを大きくしていきます。

⑧最後にボールを打ってみましょう。

実際の練習動画

最終的にボールを打ったときにしっかりミートしてまっすぐ飛べば、

インサイドからの正しいスイング軌道になったといえます。

【こんな場合に注意】

シャンクが出てしまう

⇒アウトサイドインのカット軌道になっているとフェースの先端にボールが当たり、右に飛びやすく(シャンクに)なります。

◆右手が極端に疲れる

⇒ダウンスイングからインパクトにかけて下半身の回転不足(手打ち)の可能性がある。

木村 陽志
木村 陽志

皆さん是非、試してみてくださいね(^^)/

ゴルフが上達するには自分のスイングを知ること、

そのうえで自分に合った練習を積み重ねることが重要です。

Looks funはあなたのスイング動画を専属のインストラクターが

無料で解析・解説致します。

スイング解析をご希望の方はお気軽にご相談ください。

スポンサーリンク

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください