ゴルフ/スウェイ

スウェイとは

ゴルフのスイング時の過剰な側方移動のことをいいます。

主に

”バックスイング時のスウェイ”

”フォロースルー時のスウェイ”

に分けられます。

木村 陽志
木村 陽志

今回はこの『スウェイ』について解説しますね(^^)/

バックスイング時のスウェイ


木村 陽志
木村 陽志

以下の2つのパターンに分けられます!!

パターン①

よくあるのが

”スタンス幅(左足と右足の距離)”

が広すぎることによるスウェイです。

特に『飛ばし屋』『左の股関節が固い』方に多くみられます。

バックスイング時に右側に大きく側方移動するために、

左膝が内側に入りすぎてしまい

靭帯を損傷してしまう可能性があります。

以下に改善方法を示します。

改善するには!?

アイアンの場合はタンス幅を肩幅程度に戻し、

ドライバーなどのウッドはアイアンより足一つ分幅を広げる程度にしましょう。

ここを変えるだけで、左膝への負担は大きく減ります。

練習後やラウンド後に左膝が痛いと感じていた方は要注意です。

スポンサーリンク

パターン②

比較的年齢の若い方に多く見られます。

骨盤が右方へ

頭が左方へ大きく側方移動して身体の”回転軸”がズレてしまいます。

さらに

トップの位置が過度に高くなり背中が反り返ってしまうのも特徴です。

こういった方は逆に『肩や腰の柔軟性が良い方』

つまり

”女性のゴルフプレイヤー”によく見られます。

しかし

こいったトップの方は大きく上げた分

戻す力が必要となるのでフォロースルー時にもスウェイを生じたり

”ミート率”が下がりやすくなります。

以下に改善方法を載せておきます。

改善するには!?

木村 陽志
木村 陽志

主な原因はトップがオーバーになっていることが多いです。
”トップの位置を改善する動画”を以下にご紹介しておきます。
参考にしてみてくださいね(^^)/

トップの位置を改善する練習法


フォロースルー時のスウェイ

さきほど

バックスイング時のスウェイパターン②でご説明したように

高すぎるトップからクラブを振り下ろす際に

今度は逆方向へ大きな力を使います。

骨盤は左方向

頭は右方向へ過剰に側方移動して同じように回転軸がズレてしまいます。

バックスイング時と同様に

やはり背中も反り返ってしまいます。

この場合

『肩や腰の柔軟性が良すぎる』だけではなく、

『左股関節の固さ』が原因となる場合があります。

 

特に

普段『あぐら』をかくことの多い男性に多く

フォロースルー時に必要なのは『あぐら』と逆方向の左股関節の動きになります。

”左股関節の動きを出しやすくする練習法” と ”フォロースルー時のスウェイ改善法”

の動画を以下に載せておきますので参考にしてみてください。

改善するには!?

木村 陽志
木村 陽志

以下の2つの動画を参考にしてみてくださいね(^^)/

左股関節の動きを出しやすくする練習


フォロースルー時のスウェイ改善法

あなたはどんなスイングをしていますか?

ゴルフが上達するには自分のスイングを知ること

そのうえで自分に合った練習を積み重ねることが重要です。

Looks funはあなたのスイング動画を専属のインストラクターが

無料で解析・解説致します。

スイング解析をご希望の方はお気軽にご相談ください。

スポンサーリンク

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください