ゴルフ/アドレスの基本姿勢

アドレスとは

ゴルフのスイングにおける最初の構えの姿勢のことをいいます。

セットアップポジションともいいます。

”スイングの最初の構え”

ということでその後のスイングに大きく影響していることは想像できると思います。

スイングが崩れないために重要な

 

『アドレスの基本姿勢』

 

を今回は解説していきます。

アドレスの手順①

まず、クラブを持ち、

クラブのシャフトが地面と平行になるようにします。

グリップエンドはちょうど”ヘソ”の位置にくるとよいです。

この時、肘が少し曲がった状態にします。

肘を少し曲げることで

『力み』

『手打ち』

などを予防できます。

次に背中を伸ばしたまま股関節から状態を前に倒していきます。

このとき

頭からボールを覗き込むように上体を倒していくと

背中が丸まってしまいやすいので

少し”アゴ”を引いた状態で身体を倒していくとよいですね。

背中が丸まらず

しっかり伸ばせていると

肩と手の位置が地面に向かって真っすぐになります。

『背中を伸ばして股関節から身体を前に倒す』

これを意識しておきましょう。

先程の状態では

腿(もも)の裏の筋肉が張ってきますので

少し膝(ひざ)を曲げることでそれが軽減します。

 

スポンサーリンク

アドレスの手順②

正面から見て足幅は肩幅(足3つ分)程度開きます。

両腕を結んだ線が三角形になるようにします。

スイングをする際は

テイクバックまではできるだけこの三角形を崩さないようにしましょう。

アドレスの動画



まとめ

【アドレスの基本姿勢(7番アイアンの場合)】

:まず股関節からお辞儀するように身体を曲げる。

:脚の後ろの筋肉が張らない程度に少し膝を曲げる。

:手は力を抜いて垂らし、肩から手のラインが地面と垂直になるようにする。

:グリップの端とお腹の距離はコブシ1個分あける。

:肘を伸ばして両肩と手を結んだ三角形をつくる

⑥足の幅は肩幅程度に開く

※以上がアドレスの基本姿勢となります。

木村 陽志
木村 陽志

アドレスは『スイングのはじまり』です。
ゴルフする上でとても重要です。良いアドレスを獲得したあとも、動画を撮ると変わっていることもあります。定期的にアドレスの基本姿勢を確認し、自身の動画や写真で評価することをオススメします。
『これで合っているのか?』
とご不安な方はお気軽にご相談ください。

スポンサーリンク

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください