ゴルフ/スコアアップのためのモチベーション維持の方法

スコアアップのためのモチベーション維持の方法

ゴルフを上達させるためには

ある程度の練習量が必要であることは

過去の記事でお伝えしました。

ゴルフが上達する練習量とは? ≫

 

そして

次に重要なのが練習を継続させることです。

 

しかし

練習を継続させるのはなかなか難しかったりします。

例えば

ラウンド直後には悔しさが残っているので

練習したいと思いますが

翌朝にはもうモチベーションが落ちて

すぐにやめてしまいます。

私自身もそんな感じで何度も挫折を味わいました。

でも

次のラウンドが決まればまた練習したくなるものです。

 

練習を継続させるには

このモチベーションの上がり下がりをコントロールする必要があります。

では

どうやってこのモチベーションを継続させていけばよいのでしょうか?

スポンサーリンク

ゴルフを練習するモチベーションを保つ

ゴルフを練習するモチベーションを保つには

以下の4つがポイントとなります。

☑ 年間のラウンド回数と日程を決めてしまう

☑ 簡単な練習内容にする

☑ 練習継続のnoteを用いる

木村 陽志
木村 陽志

一つずつ詳しく解説していきますね(^^)/

年間のラウンド回数と日程を決めてしまう

ゴルフにおけるモチベーションは

やはりラウンドすることだと思います。

 

皆さんもラウンド前は

『練習にいこう!!と思い

ゴルフ練習場に足を運ぶと思います。

当たり前のことかもしれませんが

このように練習する『目的と時期』

明確になっていないと人は行動しません。

そのために

あえてラウンドの回数と時期を年間で決めてしまうのです。

 

例えば

私の場合は

以前は毎月必ずラウンドしていましたが

最近は毎月のラウンドは難しくなってきたので

『季節ごとにラウンドする!!と決めています。

つまり

春、夏、秋、冬の年間4回は必ずラウンドするということです。

年間4回は少ないように思えますが

ラウンド回数と時期を明確に決めてしまうと

次のラウンドのことが頭にあるので

練習しようという気になります。

さらに

仲の良いラウンドメンバーで

年間の平均スコアで競うようにしているので

俄然やる気になります♫

このように

ゴルフを楽しみとして予定に組み込んでしまうことはオススメです。

スポンサーリンク

簡単な練習内容にする

何かを継続させるときに

『大変なこと』

『めんどくさいこと』

はモチベーションを下げる要因となります。

なぜならば

人は何かの『行動をする前の時間』

に一番ストレスがかかるからです。

 

心理学的には

何かをはじめる前に

目の前の課題を

過大に見積もってしまうという傾向にあるようです。

はじめてしまえば

案外サクサク作業が進むといった経験はないでしょうか?

 

例えば

私の場合は

ゴルフの練習を

ストレッチ ≫

マットをこする練習 ≫

アプローチ練習(スポンジボールを打つ) ≫

これらを自宅で毎日15分間の中で実施するようにしています。

自宅にいない日は

外出先でもできる

スイングのイメージトレーニング ≫

を行っています。

これらはすべて自分自身が苦痛なく続けられる練習を選択しています。

『続けることが最優先』

でメニューを考えていますが

結果が伴わない場合は月に一回練習メニューの一部をアップデートしています。

練習継続のNoteを用いる

練習継続には

練習を実施したことを記録する『Golf Noto』がオススメです。

アナログな方法ではありますが

『〇』をつける楽しみや

内容が『アップデート』されつつも

過去の練習内容を振り返ることができるので

自分の『悪い癖』を見つけることができます。

私自身もこれを使用して約半年間練習が継続できています。

▼『Golf Note』とは

木村 陽志
木村 陽志

いかがでしょうか?
ゴルフが上達するには
☑ ご自身の問題点を明確にすること
☑ その上で練習を継続させること
練習内容を少しずつアップデートすること
この3つがポイントになるかと思います。
これだけのことをモチベーションを下げずに行うには
練習の『目的』をつくることが重要です。
私の場合はとにかく仲の良いラウンドメンバーに
『年間成績で勝ちたい!!と思いながら練習を続けています♪
皆さんなりの『目的』をみつけてゴルフのスコアアップを目指しましょう(^^)/

スポンサーリンク

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください