ゴルフ練習場へ行かずに3カ月でスコア『20』アップした方法

ゴルフ練習場へ行かずにスコア『20』アップした方法

木村 陽志
木村 陽志

今回は年間でゴルフ練習場へ3か月以上行かずに
むしろスコアが『20』アップした方法をご紹介します。

この方法を結論から申し上げますと

決して簡単ではなかったです。

理由は以下の通りです。

① 3カ月間毎日継続して練習を行った

② 自分のスイング動画を何度も解析した

③ 練習の8割はアプローチとパターの練習を行った

この内容を見ると分かると思いますが

かなり地味な練習になります。

しかし

ほぼ『お金』はかかっていませんので

・練習場になかなか行けない

『お金』をできるだけかけたくない

という方にはピッタリの方法だと思います

では

上記3つの方法をもう少し詳しく説明していきたいと思います。

①3カ月間毎日継続した練習

ゴルフ練習場に行かないということは

ボールを飛ばす楽しみをなくすということになります。

その分

飛球方向ではなく自分の課題を明確にして

集中して練習することができました。

それも毎日欠かさずです。

私が3カ月間毎日継続した練習は以下の4つです。

☑ どこでもできるスイングのイメージ練習 ≫

☑ ゴルフマットを使用した素振り ≫

☑ スポンジボールでのアプローチ練習 ≫

☑ オープンスタンスでのパター練習(利き目対策) ≫

そして

この4つの練習を継続するためには

練習を実施した結果を記録する必要があります。

そのために使用したのが

▼『Golf Note』です

これを使用したことで

練習を継続し記録するという単純作業ですが

目に見えるために少しずつ継続することが楽しくなってきました。

とはいえ

同じ練習を行うのに

辛くなってしまっては継続が困難になってしまいますので

たまに息抜きとして

» ゴルフリフティング

を行いました。

これはこれでアプローチ上達に繋がる練習にもなっていたので得した気分です♫

②自分のスイング動画を何度も解析

次に行ったのが

自分自身の客観的な分析です。

以前ご紹介した

» 無料のスイング解析アプリ

を使用して自分のスイングを何度も解析して

イメージと実際のスイングにズレがないかを確認して修正を重ねました。

正直、この作業が一番重要と考えています。

理由は間違った練習でスイングを間違えて理解しないためです。

とはいえスイングの自己解析を行うには

ある程度の知識がないと難しいと思います。

そこで

スイング解析はご自分では難しいという方は

無料で動画のスイング解析を行っていますので

お気軽にご相談ください(^^)/

③練習の8割はアプローチとパターの練習

結局スコアに一番影響するのはアプローチとパターになります。

そこで

先程説明した練習の中で

合計30分の練習時間の中で25分は

☑ スポンジボールでのアプローチ練習 ≫

☑ オープンスタンスでのパター練習(利き目対策) ≫

この2つの練習を行いました。

これらを実施することで

グリーン周りに自信が持てるため

無理してパーオンを狙わず『力み』も少なくなりました。

 

ゴルフの『スコアアップ』のためには

様々な方法がありますので

ご自分に合った方法を継続して頂ければと思います。

 

やはり一人では難しいと感じる方は

マンツーマンレッスンを受けることが近道だと思います。

▼理学療法士が勧めるマンツーマンゴルフレッスン

まずは『お金』のかからない方法

つまり

当サイトをうまく使って頂ければコストは”0″だと思います。

それでもダメであれば

やはり

有料のレッスンも考えてもいいかもしれません。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください