ゴルフ/パターの精度は『利き目』で決まる!?

パターが苦手な理由

ゴルフのスコアに大きく影響するパター。

しかし

パターの精度を上げる努力をしている方は少ないと思います。

なぜならば

ゴルフはボールを打って飛ばす

という部分が

『楽しく』

『気分がよくなる』瞬間だからです。

確かにワンパットでしずめられた時も

『気分はよくなる』のですが

まっすぐ綺麗にボールが飛んで行ったときの

『快感』には勝てないでしょうww

しかし

『本気でスコアアップしたい』

と思う方は

まずパターの精度を上げることをオススメします。

特に

『パターが苦手だ』

という方は

パターの精度を上げて

今すぐスコアアップするチャンスです!!

今回はパターの精度を上げる方法を解説致します(^^)/

 

スポンサーリンク

パターには『利き目』が重要

皆さんはご自分の『利き目』はご存知ですか?

普段、私たちは2つの目でいろんなものを見ていますが

両目を同じように使っているわけではなく

どちらか一方の『目(利き目)』を中心的に使い

もう一方の『目』をサポートの目として使っています。

この『利き目』

人によって違います。

では

ゴルフにおいて『利き目』はどのように影響するのでしょうか?

例えば

『利き目』が『右目』だった場合

通常の右打ちのアドレスをとった際に

ホール(穴)を見ているのは『利き目』ではない『左目』が中心となります。

そうなると

上写真のようにホールの位置が左にズレて見えてしまいます。

逆に『左目』『利き目』の方はこのズレは生じにくくなります。

つまり

不利なのは『利き目が右目』『右打ち』の方ということになります。

皆さんはこの条件に当てはまっていませんか?

しかし

『利き目』が分からないという方は多いと思います。

では『利き目』を知る方法を説明していきます。

自分の『利き目』を知る方法

【方法】

①まず両手で写真のように三角形を作ります

②三角形の中心に☆のような印になるものを置きます

③印を両目で見たあとに片方の目を閉じます

④片方の目で見ても両目で見た時と☆(印)の位置が変わらない方の目が『利き目』になります

逆に、写真のように☆(印)が中心からずれてしまう方の目は『利き目』ではありません。

この『利き目ではない目』で目標を見みることが

先程のようなパターの精度を下げる『視覚のズレ』になります。

木村 陽志
木村 陽志

皆さんはどちらが『利き目』でしたか?
『利き目』『右目』だった方はパターは苦手な方が多いと思います。
ではこの利き目の不利を解消するためにはどうしたらよいのか?
ここからその方法について解説していきますね(^^)/

右目が『利き目』の方のパター

上の写真は通常のパターのアドレスです。

先程説明したように

『利き目が右目』『右打ち』の方は

この状態では『利き目ではない左目』で目標(ホール)を見ることになり

ホールの位置がズレて見えてしまいます。

これを克服するためには

写真のように

あえて極端なオープンスタンスでアドレスをとり

顔が目標方向に向きやすくなり

『利き目である右目』で目標を見ることができます。

このように

『視覚的な不利』を補うことで

少しでもパターの精度を上げる事ができます。

ちなみに私自身もこの『視覚的な不利』に苦しめられましたが

パターをオープンスタンスで打つようになってからは

パターの精度は格段に上がりました。

パターのフォームは良いのに結果がでないという方は

是非、ご自分の『利き目』を知り

この『視覚的な不利』を補うことをオススメします。

パターの動画

木村 陽志
木村 陽志

いかがでしょうか?
練習だけでは解決しない『利き目』の問題。
是非、ご自分の『利き目』を知ってパターの精度を上げていきましょう(^^)/

スポンサーリンク

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください