ゴルフ練習を継続させるゴルフノート/Golf Noteを使った練習法

ゴルフノート/Golf Noteって?

ゴルフが上達するために

ゴルフ練習場に

行く以外に何か方法はないものか?

と日々模索していたところ

こんな本と出合いました。

『ゴルフで覚えるドラッガー』 ≫

 

この本を参考に

『Golf Note』をつくり

お客さんに使用してもらったり

自分自身のゴルフ練習に使用しています。

 

ゴルフ練習場へ行けなくても

ゴルフの最低限の

練習を継続できる方法です。

今回はこの『Golf Note』

使い方をご紹介したいと思います(^^)/

 
スポンサーリンク

ゴルフノート/Golf Note使用方法

上記は僕自身の

練習メニューの記載例です。

※普段は手書きで使用しています

【使用手順】

①まず1ページ目で

Startの日付とNameに氏名を記載します。

 

②2ページ目の『今月の達成目標』を

できるだけ数値的に明確な記載をします。

僕の場合は

『アプローチ50ヤードの寄せが5m以内成功率(8/10回)』

と記載しています。

 

③『今日の課題』

の部分に練習内容を記載します。

ここで記載するのはせいぜい4項目です。

これ以上項目を増やすと

継続がしにくくなりますのでご注意ください。

私の場合は

☑ 全身ストレッチ(5分)外出先or自宅 ≫

☑ マットをこする練習(5分)自宅 ≫

☑ アプローチ練習(5分)自宅 ≫

☑ スイングイメージ練習(5分)外出先 ≫

上記練習はすべて過去記事で

ご紹介した練習内容になります。

 

練習内容は4項目上げていますが

自宅で行う練習と

外出先で行う練習に分けて

どれかの練習は

必ず継続できるようにしておきます。

 

あとはできるだけ

『時間と回数』などを明確にします。

 

このように明確に記載することで

練習をはじめる前の

モチベーションを落とさないようにします。

 

不明確な内容ほど

毎回『考えること』が増えてしまうので

モチベーション低下につながってしまいます。

 

④『その他の気づきメモ』を記載

練習をしていての『気づき』を記載します。

 

⑤『成長の記録のまとめ』を記載

 

⑥『継続しにくかった点』を記載

※なければ空欄でもかまいません

 

⑦3ページ目で『ルーティン行動』を記録

先ほどの4項目の練習を記載し

『日付け』を記載します。

その後毎日練習ができれば

『〇』できなければ『/』を引きます。

木村 陽志
木村 陽志

上記をひたすら毎日継続していきます。
ここで重要なのが毎月目標に応じて練習内容をアップデートすることです。
ご自分の課題を『Golf Note』に書き出すことで
練習内容も明確になります。

皆さんも

この『Golf Note』をご活用頂き

ゴルフが上達するための

練習を継続していきましょう(^^)/

≫『Golf Note』無料ダウンロード(PDF)

世界で一つだけの

あなたの『Golf Note』をつくってみませんか?

関連記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。