ゴルフ/ボールを置く位置だけで『ダフり』を改善させる!?

ボールを置く位置だけで『ダフり』を改善させる!?

『ダフリ』とは」

スイングした際にボールの手前でクラブヘッドが最下点を向かえてしまった状態のことで

ボールより前に地面と接触してしまうことで飛距離が落ちてしまい

多くのゴルフプレイヤーが悩むミスショットのうちの一つです。

しかし

ラウンド中に『ダフリ』が生じないように

スイング自体を変えてしまうと

逆にミスショットが増えてしまいパフォーマンスを落としてしまうこともあります。

そこで今回は

スイングを一切変えず

ボールの位置だけで『ダフリ』を改善する方法をご紹介します。

スポンサーリンク

『ダフり』を減らすボールの位置

『ダフり』を減らすボールの位置は

基本的には人によって違います。

それは

それぞれのゴルフプレイヤーによって

スイングが全く異なるからです。

では

人によってスイングが違うのにどうやって最下点を決めたらよいのでしょうか?

 

それは

以前もご紹介したこの方法です。

スイングした際に

ゴルフマットや(ラウンド中は)芝に

クラブヘッドが『スパンっ!!』と、カスる音がする場所をみつけます。

ご自分だけで難しい場合は誰かに正面から見てもらうとよいでしょう。

そこがいわゆるボールを打つ際のクラブヘッドの最下点となります。

通常、最下点でボールを捉えることができれば『ダフり』は生じなくなります。

2回から3回素振りをしてまずは最下点をみつけてみてください。

その『スパンっ!!』と音がする最下点にボールを置けば完了です。

 

しかし

人によっては『スウェイ』を生じている場合は

左右の体重移動が多い分

写真のように

アドレスでこれくらい前にボールを置く場合もあります。

『スウェイ』とは? ≫

意識としては

最初のクラブを置いているところでボールを打つようにすると

『ダフり』なく打てるようになります。

うそのようですが実際に試してみてください。

最初に決めた最下点が間違っていなければしっかり『ミート』できると思います。

注意点としてはボールの位置がクラブの位置と離れていても

決してボールを直接打ちにいかないことです。

 

あくまで

アドレス時に置いたクラブの位置にボールがあると想像しながら打ってください。

人によって個人差はありますが

スイングの際は基本的に若干目標方向へ体重移動が行われますので

最下点は誰でも目標方向へ少しズレるのです。

 

またラウンドの場合は

1ショットずつライ(地面の状態)が変わりますので

毎回素振りで最下点を見つけてから打つとよいでしょう。

▼動画でこの辺りを解説しています

動画で解説

まとめ

『ダフり』を改善するボールの位置を決めるためには

☑ まず2~3回素振りをして『スパンっ!!』と音の鳴る最下点を決める

☑ 決めた最下点にボールを置いてから打つ

☑ ラウンド中はライ(地面の状態)が変わるため1ショットずつ毎回最下点を決める

 

木村 陽志
木村 陽志

今回ご紹介した方法は調子が崩れた際の応急処置となります。
何をやってもダメな時に『スイング』ばかりに気をとられず。
ボールの位置を見直してみてください。
どんなスイングをしていても最下点が見つけられれば調子が回復して『力み』なども減るでしょう♫是非ともお試しください(^^)/

スポンサーリンク

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください