『ダフリ』&『トップ』しなくなるゴルフのスイング練習

ラウンドで『ダフリ』と『トップ』が!?

ゴルフ練習場では調子がいいのに

ラウンドすると『ダフリ』『トップ』などの

ミスショットが増えるといったことはないでしょうか?

その理由としては

練習場ではクラブヘッドが接触しても

滑りやすい構造のマット(人工芝)が

設置されていることが多いので

『ダフリ』傾向でもボールはいつも通り飛んでいきます。

しかし

ラウンド中の本物の芝ではこれが通用しません。

人工芝よりも本物の芝の方が摩擦係数が高いので

ラウンド中に『ダフリ』が増えるといったことになります。

そこで

練習中にも『ダフリ』&『トップ』があることに

気づけるスイング練習をご紹介します。

 
スポンサーリンク

『ダフリ』&『トップ』に気づける練習法

練習方法は

以下の動画で解説しています。

▼『ダフリ』&『トップ』を予防する練習

この練習は以下のような

小さめの練習用マットを使用することで

☑ダフリ=マットが動く

☑トップ=空振り

☑通常=マットを擦る音が鳴るがマットは動かない

といったことを確かめることができます。

素振りの練習としても

自宅で簡単に行えるので便利ですね。

是非お試し頂きご意見ご感想を頂けれると嬉しいです(^^)/

関連記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。