ゴルフで健康になるための運動負荷量の決め方

ゴルフで健康になるには

『ゴルフは健康なスポーツだ!!』

とよく耳にすると思います。

確かにゴルフをすることで健康になる要素はいくつかあります。

▼ゴルフで健康になる要素

この記事で解説しているように

ゴルフで健康になるにはカートに乗らないこと。

つまり

ラウンド中はできるだけ歩くことが重要になります。

しかし

歩く時の負荷量というのは

人によって全く異なります。

そこで今回はゴルフの際にどの程度歩けばよいのか?という

目安について解説致します(^^)/

 
スポンサーリンク

ゴルフで歩く際の適切な負荷量

この動画では

日常生活の中で健康になる歩数の目安を解説しています。

ちなみにゴルフでカートに乗らずに歩いた場合

1回のラウンドで約7.5km歩くことになります。

これだけ歩いてもなんともない人もいれば

途中で休憩が必要な人もいます。

つまり

負荷量は人それぞれ変わってきます。

皆さんの体力に合わせて歩く負荷を変え

時にはカートに甘えてもよいです。

その目安はBorg指数(Borg scale)で表されます。

一部改変引用:アスレティックトレーナーに必要な検査測定の方法

このBorg指数の使い方に関しては

以下の記事で解説していますので

そちらをご覧いただき

ご自身に合った運動負荷量を決めて

ゴルフのラウンドで歩く時間を増やしていきましょう。

それが健康への近道になります(^^)/

▼Borg 指数の解説

関連記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。