ゴルフで右膝が痛いのはスタンスが原因!!

皆さんはゴルフのあとに

右膝が痛いと感じることはありませんか?

 

最近は練習をやり過ぎたから休めば治る・・・

しかし

もし右膝が痛い原因がゴルフのスイングにあったとしたら

ゴルフを再開するとまた痛み出すかもしれません。

 

そのために是非皆さんに知っておいていただきたい

ゴルフのスイング中に『右膝を痛める』ある動作をご紹介します。

心当たりがある方は今すぐにスイングを修正することをオススメします。

 

なぜならば

ゴルフのケガは

蓄積し続けるといずれ

『靭帯や腱の断裂』

『骨折』

に至ってしまう場合もあるからです。

 

では

ゴルフで右膝を痛める原因はなんなのか?

それは主にアドレス時の『スタンス』にあります。

その辺りを詳しく解説していきます。

スポンサーリンク

右膝が痛くなるスタンス

イラストのように

右足が外に開いているスタンスをとることが

インパクト時に右膝に負担がかかってしまう原因となります。

皆さんはこのような『スタンス』をとっていないでしょうか?

※ちなみに左足が外に開くのは特に問題ありません

 

この右足が外に開いた『スタンス』のままインパクトを向かえると

右膝の

『前十字靭帯』

『外側半月板』

という組織に負担がかかりやすくなります。

このうち『前十字靭帯』は痛みを感じるセンサーがあり

スイング中に引き伸ばされた際に痛みを伴い

最悪の場合『前十字靭帯断裂』『外側半月板損傷』を引き起こしてしまう可能性があります。

こうなると

再生しない2つの組織を治すには『手術』をしなければならなくなります。

皆さんもそうなる前に『スタンス』を見直しましょう。

 

では

この『スタンス』のまま

スイングしてインパクトを向かえた場合どうなるでしょうか?

スポンサーリンク

インパクト時の右膝の痛み

先程説明したように

右写真のようにアドレス時に右足が外に開いた『スタンス』をとっていると

インパクトの際に

上半身からの左回転するエネルギーに対して

地面からの『摩擦力』によって

足からの右回転するエネルギーが発生して

ちょうど右膝関節で逆行するエネルギーがぶつかります。

それぞれ逆方向のエネルギーなので

右膝にある『前十字靭帯』が引き伸ばされて

最悪の場合『断裂』してしまいます。

通常は右足が外に開いていない『スタンス』であれば

インパクト時に右足の踵が自然に離れて

『前十字靭帯』への負担は最小限に抑えられます。

▼通常のスタンス

木村 陽志
木村 陽志

皆さんも『スタンス』を見直して
すぐに『右膝の痛み』を改善させましょう(^^)/

スポンサーリンク

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください