ゴルフ/ヒールリフトで飛距離アップする!?

木村 陽志
木村 陽志

先日、このようなツイートをしました。

『ヒールリフト』という方法を行うと飛距離アップする!!

という論文をご紹介させて頂きました。

では『ヒールリフト』とは何なのでしょうか?

それはその名の通り

踵を上げた状態です。

極端に言うと

以下の写真のような『ハイヒール』が分かりやすいと思います。

このような場合

足底圧(足にかかる圧)の中心がつま先の方へ移動します。

これは

バレーダンサーが身体を回転させるときに

つま先立ちになるように

足底圧の中心がつま先に移動すると

身体が回転しやすくなります。

ゴルフもスイングする際に

身体の回転を利用してボールを飛ばします。

少しまとめると

ヒールリフト➡足底圧の中心がつま先へ➡身体の回転がしやすくなる➡飛距離アップ

ということになります。

私は特に右足のヒールリフトが重要と考えています。

その理由としては

インパクトの際

通常は【良い例】のように右踵が地面から離れます。

しかし

【悪い例】のように右足の踵の方に体重が残ってしまうと

踵が地面から離れず身体(特に下半身)の回転不足を引き起こしやすくなります。

この状態では逆に飛距離ダウンしてしまいます。

また

この際に左足の位置はほとんど変わっておらず

特に『ヒールリフト』が必要なのは右足になるかと思います。

身体がしっかり回転して

ヘッドスピードを上げることで

飛距離アップに繋がりますので

『ヒールリフト』を活用していきたいところです。

では

実際にどのように『ヒールリフト』をするのでしょうか?

▼その方法の一つにインソールの作成があります

しかし

インソール作成には『お金』がかかってしまいますので

できればノーコストで行いたいところです。

簡易的に行うのであれば

☑ ハンカチを踵のサイズに折り畳みシューズに入れる

☑ ティッシュを何枚も重ねて踵のサイズに折り畳みシューズに入れる

このような方法でも十分かと思います。

インパクトの際に

右踵が地面から離れず

身体の回転不足になり

飛距離が伸び悩んでいる人は

右足の踵に上記のような『ヒールリフト』させると

飛距離アップできる可能性があります。

皆さんも是非お試しください(^^)/

スポンサーリンク

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。