ゴルフの傷害(ケガ)を予防する方法

ゴルフの傷害(ケガ)はあなどれない

私は理学療法士として働く中で

ゴルフによる傷害(ケガ)を抱えた患者さんを多く診ます。

皆さんはいかがでしょうか?

ゴルフの後に身体に『痛み』がある

といった経験はないでしょうか?

しかし

病院に行くほどではないと

放置しがちな方が多いと思います。

私が担当する患者さんも症状をかなり我慢して

悪化してから病院を受診される方がほとんどです。

ゴルフによる傷害は意外とあなどれません。

タイガーウッズも

ゴルフの傷害に苦しめられた選手の一人ですが

靭帯断裂骨折によって

15回の手術経験があります。

▼タイガーウッズの傷害

 
スポンサーリンク

しかし

ゴルフで傷害を引き起こす理由が分かっていれば

自分自身で原因に気づいて解決することができます。

そして

予防的な知識を持っておけば

病院に行かなければならないような事態も

避けることができるでしょう。

以下にゴルフによる傷害が

どのようにして起こるのか?

動画で解説していますので皆さんに共有したいと思います。

【動画】ゴルフの傷害とは?

これから

ゴルフの傷害シリーズとして

☑腰痛

☑頭痛、首痛、めまい

☑左右膝痛

☑左右肩痛

☑ゴルフ肘

☑手首痛

を順に解説していきたいと思います。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。