ゴルフ/ショットの直前に『意識すること』は1つまでがベスト!!

木村 陽志
木村 陽志

先日、Twitterでこのようなアンケートを行いました。

内容は

ラウンド中、ゴルフのショットの直前に『意識すること』はいくつありますか?

という質問に対して

1位:1つ & 2つ(37%)

2位:4つ以上(15%)

3位:3つ(11%)

という結果になりました。

ショットの直前にというのは『どのようにスイングするのか?』

という部分になります。

つまり

スイング中のイメージになります。

例えば

☑ アウトサイドからバックスイングしよう

☑ 腰の高さを変えずにインパクトを向かえよう

☑ 腰の回転を強調しよう

☑ インパクトまでボールから目を離さないようにしよう

など、動きながらのイメージになります。

しかし

このようなスイング中に『意識すること(イメージ)』はできるだけ少ない方が良い場合があります。

というのは

ゴルフのスイングはたったの数秒間で終わってしまうので

『意識すること』が多いとスイングが固くなったり

『力み』やすくなり

ミスショットに繋がりやすくなります。

今回のアンケートで『意識すること』を1つにしている人が比較的多い傾向でしたが

できるだけスイング中に『意識すること』は1つに絞ることが

ミスショットを減らす『カギ』となります。

では

スイング中は何を意識したらよいのでしょうか?

スイング中に意識するべきこと

それは

前のショットでのミスの修正点になります。

それを『結果』から判断する必要があります。

『結果』とは

イメージとは違う『ミスショット』の種類になります。

例えば

» 『スライス』を引き起こす理由

» 『フック』『チーピン』『ひっかけ』を引き起こす理由

»『ダフリ』『トップ』を引き起こす理由

これらの結果からまずは何が原因であったかを考えて

次のショットの際に意識するポイントを1つに絞ります。

とはいえ

『意識すること』を1つに絞ることは難しいことです。

そういった方は

まずご自身のスイングを分析することをお勧めします。

普段のご自身のスイングの癖や特徴を理解しておけば

何を意識すればよいかが明確になります。

▼自分自身スイングのスイングを知る解析方法

ご自身でのスイング解析に自信が持てないという方は

スマホの動画を送って頂ければ

どなたでも無料でスイング解析しますので

お気軽にご相談ください(^^)/

スイング中に『意識しないこと』を増やす

ここで

ご自身の問題点や課題が分かっていても

なかなかスイング直前に『意識すること』を1つに絞るのは難しいものです。

ではそれを行うにはどうしたらよいのでしょうか?

それは

『意識しないこと』を増やすことです。

どういうことかというと

意識しながらスイングしなくてもよいこと

つまり

アドレスの時点でスイングを完成させておくということです。

例えば

» アドレスの際のスタンス

» アドレスの際のグリップ

これらは飛球の方向性やミスショットに大きくかかわります。

これらを応用すると

様々な『ライ(地面の状態)』や環境に合わせて

アドレスを決めておくことで

勝手にそれぞれの環境に合ったスイングを行うことができます。

その辺りは

» 上りの斜面でのショットの方法

» 下りの斜面でのショットの方法

» つま先上がり、下がりでのショットの方法

これらを押さえておけば

スイング中に『意識すること』はかなり少なくすることが可能です。

皆さんも是非お試し頂ければと思います(^^)/

 

スポンサーリンク

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。