ゴルフ/グリップの基本的な握り方

グリップとは

ゴルフクラブの握り、それの握り方のことをいう。

【基本グリップ】オーバーラッピング

①左の中指、薬指、小指でグリップを握る

②左の親指と人差し指を軽くそえる(握りこまない)

③左の親指はヘッドの方向にまっすぐおく

④最後に右手で左手を軽く覆うようにおく

基本的な3種類のグリップ

オーバーラッピング

左手人差し指と中指の間に右手小指を軽くそえるようにグリップします。

右手に力が入りにくいため、力み予防として使うにはよいグリップとなります。

インターロッキング

左手人差し指と右手小指をクロスしてグリップするため、

スイングのコントロールがしやすいグリップとなります。

ベースボールグリップ

野球のバットを握るようなグリップとなります。

左右の手が重なりあわず、

しっかり握れるため手の力が弱い女性や子供で使われる場合があります。

しかし、力みやすくスイングのコントロールがしにくくもなります。

※それぞれの特徴にあった握り方を試してみましょう

グリップによって飛球方向が変わる

ニュートラルグリップ

正面から見て右手親指と人差し指でVの字ができ、通常のグリップとなります。

フックグリップ

正面から見て右手はグリップの中心からやや外側に位置します。

スイング時に手首が返りやすく、フックが出やすいグリップとなります。

スライスグリップ

正面から見て右手はグリップの中心からやや内側に位置します。

スイング時に手首が返りにくく、スライスが出やすいグリップとなります。

木村 陽志
木村 陽志

ラウンド中のスイング調整は難しい場合が多いです。
グリップを変えることで微調整ができるので知っておくと便利です。
現在、自身がどのようなグリップをしているかも知っておくとよいですね。

グリップの基本の解説動画

あなたはどんなスイングをしていますか?

ゴルフが上達するには自分のスイングを知ること、

そのうえで自分に合った練習を積み重ねることが重要です。

Looks funはあなたのスイング動画を専属のインストラクターが

無料で解析・解説致します。

スイング解析をご希望の方はお気軽にご相談ください。

スポンサーリンク

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください