ゴルフ/『力み』を減らすクラブの握り方

力みを減らすクラブの握り方

ゴルフにおいて『力み』

ミスショットを引き起こす要因の一つです。

『力み』が生じると

クラブを握る際に

『握り込み』が生じます。

クラブを握り込むと

上半身の筋肉が硬直(こうちょく)して

スイングがスムーズに行えなくなります。

結果

『ミスショット』

『飛距離ダウン』

を引き起こしてしまう可能性があります。

今回は

『力み』からくる『クラブの握り込み』

を予防する方法をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

クラブの握り込みを予防する方法

【用意するもの】

☑ ゴルフクラブ(アイアン or ウェッジ)

☑ タオル

【方法】

①クラブ(アイアン or ウェッジ)のグリップ部分にタオルを巻く

②タオルを巻いた状態でグリップを握る

③その状態で素振りをする

④タオルを外してもう一度クラブを軽く握り直す

⑤タオルを巻いて素振りをした感触をイメージしながらもう一度素振りをする

▼この辺りを動画で詳しく解説しています

解説動画

まとめ

『力み』を減らすためには

『クラブの握り込み』を減らす必要がある。

それを改善する方法は

グリップにタオルを巻き

握りを太くすることで『握り込み』にくくなり

手の『力み』が軽減することができる。

木村 陽志
木村 陽志

今回ご紹介した内容は自宅にあるもので簡単に実践できます。
是非、お試しください。

スポンサーリンク

1件のピンバック

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください