ゴルフ/クロスオーバー

クロスオーバーって何?

クロスオーバー(Cross Over)とは

スイングフェイズでのトップの際に

クラブヘッドが頭側に近づく

もしくは身体の前方に位置する状態をあらわします。

※通常のトップではクラブヘッドは前方(お腹側)ではなく後方(背中側)に位置します

つまり

クロスオーバーは通常のスイング軌道を大きく逸脱してしまった状態でもあります。

 

このクロスオーバーは

アマチュアゴルファーに多くみられますが

パフォーマンスを大きく落としてしまう要因にもなります。

 

例えば

☑ インパクトでフェースが開きやすくなり『プッシュスライス』が多くなる

☑ ダフリやトップが多くなる

☑ スイングスピードが落ちて飛距離が出なくなる

など

クロスオーバーによる弊害は多くあります。

 

では

何が原因でクロスオーバーになってしまうのでしょうか?

 

主に原因はこの3つになります。

① インサイドからのバックスイング

② オーバースイング(大きすぎるトップ)

③ 肩関節が硬い

 

では

この3つの原因を

説明していきますね(^^)/

スポンサーリンク

①インサイドからのバックスイング

A:

写真のようにバックスイングで

シャフトプレーン(赤い線)上にクラブを引いてしまうと

インサイドからのテイクバックとなり

骨盤の回転が大きくなりすぎて回転の軸がズレてしまいます。

そして

通常のスイング軌道から大きく逸脱してしまいます。

その結果クロスーオーバーとなってしまいます。

プロゴルファーはアマチュアゴルファーに比べて

バックスイングでの骨盤の回転は少なく

アウトサイドからのテイクバックとなる場合が多いようです。

② オーバースイング(大きすぎるトップ)

B:

先程説明したようにクロスオーバーとなった状態です。

C:

バックスイング方向の

骨盤の回転が過剰になることで

トップの位置がオーバーとなり

クロスオーバーもさらに強調されてしまいます。

③ 肩関節が硬い

このようにトップで肘が曲がってしまう方は

通常のスイング軌道をはずれやすく

クロスオーバーとなってしまいます。

その原因は肩関節の硬さです。

バックスイングの際に肩関節が硬いと

これ以上動かないところで

肘を曲げ

腕を前方に出すことで

何とかトップの高さを維持しようとします。

そして写真のようにクロスオーバーとなります。

▼肩関節の動きの検査とストレッチ方法

木村 陽志
木村 陽志

いかがでしょうか?
今回は極端なクロスオーバーの方ばかりをご紹介しましたが
アマチュアの方には本当に多いです。
スイングを変えることは違和感を生じますが、それでも絶対に直したいのがこのクロスオーバーです。
それぞれの原因に応じて改善させていきましょう(^^)/

スポンサーリンク

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください