ゴルフボールのスピン量はお金で買えるのか?検証

スピン量はお金で買える?

ゴルフボールのスピン量は

グリーン周りの

アプローチ技術を

高めるためには

とても重要な要素となります。

 

スピン量を上げるためには

クラブ(ウェッジ)や

アプローチ技術以外に

ゴルフボール自体の

スピン性能も要素の一つとなります。

 

そこで今回は

ボールの価格別に

アプローチした際に

どの程度スピン量が変わるのか

検証した動画をご紹介します(^^)/

 
スポンサーリンク

ボールのスピンは価格で変わるのか?検証

この動画の中で

解説されていますが

結論としては

価格が高い球ほど

スピンが

かかるわけではないといった結果です。

 

では

価格が低くてもいいの?

という疑問に関しては

HONMAのD1はいまいちですが

SRIXONのAD SPEEDは感触が良いようです。

 

逆に

高価格のボールは

飛距離重視になり過ぎて

スピンは

いまいちといった結果のようです。

 

最終的に

最もスピンが

安定的にかかるのが

中間の価格のゴルフボールで

やはり

プロがよく使っている

タイトリストのV1が

最も安定的なようです。

▼タイトリストV1

今回の記事を参考に

実際のラウンドで

感触を確かめて

自分自身に合った

ゴルフボールを見つけましょう(^^)/

関連記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。