ゴルフ/クラブが軽くなるバックスイングのコツ

クラブが軽くなるバックスイングのコツ

ゴルフのバックスイングの際に

クラブが重たいと感じることはありませんか?

バックスイングとは? ≫

特にドライバーなどのウッドはヘッドの重みを感じやすいと思います。

しかし

スイングのはじめからクラブが重いと感じていては

『力み』が生じやすくなります。

本来は『握力』が平均的でも

スイングの仕方によってクラブの重さは感じないものです。

今回は

クラブが軽くなるバックスイングのコツをご紹介しようと思います。

スポンサーリンク

バックスイングで重要なポイント

まず確認しておきたいバックスイングのポイントですが

皆さんは

写真のような

『肩関節の屈曲』という動きができているでしょうか?

▼バックスイングでの『肩関節の動き』

『肩関節の屈曲』

が正しいスイング軌道にのるための動きになるのですが

バックスイングの際は

『クラブを引く』というより

『クラブを持ち上げる』といったイメージの方が

『肩関節の屈曲』が強調されて

正しいスイング軌道にのることができます。

 

バックスイングの初動の際に

この『クラブを引く』をいうイメージで行うと

通常のスイング軌道を外れるだけでなく

クラブヘッドが若干地面に擦れる『摩擦力』が発生するため

一瞬クラブの重みを感じてしまいます。

実はこの一瞬クラブの重みを感じるだけで

『筋の連動性』が失われて

スイングが固くなってしまいます。

 

では

どうすればバックスイングが軽くスムーズにおこなえるのでしょうか?

スポンサーリンク

バックスイングが軽くなる2つのポイント

バックスイングが軽くなるには

①バックスイングで肩関節の屈曲を行う

②アドレスの際にクラブを地面から少し(数mm)浮かせる

この2つがポイントになります。

これを同時に行うことで

地面からの『摩擦力』を最小限に減らすことができます。

しかし

地面からクラブを浮かせていると

そもそも手に力が入るのではないか?

と思われる方もいらっしゃると思います。

確かにその通りです。

クラブを浮かせて静止時間が3秒以上経過すると

手に力が入ります。

なので

身体を静止させないように

直前まで『ワッグル』という動きをしておくことが必須条件となります。

この『ワッグル』はトッププロのほとんどの選手が行っています。

例えば

有名どころだと

石川遼選手や松山英樹選手ですね。

▼『ワッグル』とは?

まとめ

バックスイングでクラブが軽く感じるには

地面からの『摩擦力』を最小限に抑えることが重要。

そのために

☑アドレス時にクラブを地面から少し(数mm)浮かせておく

☑ アドレス時に『ワッグル』をして静止時間は3秒以内でスイングを開始する

☑ バックスイングでの『肩関節の屈曲』を意識する

これらを意識することで

バックスイングでクラブの重みを感じることはほとんどなくなり

スムーズなスイングが行えるでしょう♫

実際にやってみると驚くと思います。

是非お試しください(^^)/

スポンサーリンク

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください