ゴルフ/苦手なアプローチが上達する3つのポイント

苦手なアプローチが上達する3つのポイント

アプローチは苦手だが

練習のほとんどをアプローチ練習に費やしている方は数少ないと思います。

なぜならば

まずは

『まっすぐ飛ばすために7番アイアンを練習している』

『飛ばす楽しみを味わいたいからドライバーを練習する』

といった目的で練習する方が多いのではないでしょうか。

しかし

アプローチはスコアアップに直結しますので

本気でスコアアップするなら

やはりアプローチは上達しておきたいところです。

では

アプローチが上達するにはどうしたらよいのか?

それは以下の3つのポイントを押さえておくことが重要です。

右手の動きを理解する

腰の高さを変えずに打つ

一定のリズムで打つ

この3つのポイントを

1つずつ解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

①右手の動きを理解する

アプローチで重要なのがこの右手の動きになります。

アプローチは小手先で打とうとすると

すぐに『トップ』『ダフリ』が生じてしまいます。

右手の動き方を覚えることでこれらのミスショットを予防できます。

▼右手の使い方の詳細はこちら

②腰の高さを変えずに打つ

アプローチで特に重要なのが

腰の高さを変えずに打つというところになります。

アプローチはフェース面が倒れている角度が大きいため

通常のアイアンよりもミートする場所が小さくなります。

そのために

腰の上下の浮き沈みの動きが入らないように意識しておく必要があります。

▼腰の浮き沈みを予防する練習の詳細はこちら

③一定のリズムで打つ

最後に重要なのが

アプローチショットの際のリズムです。

通常のショットの場合は

バックスイングよりもダウンスイングの方がスイングスピードが速いので

アプローチショットでも同じようにインパクト付近でスイングスピードを上げてしまいます。

アプローチの場合は

インパクト付近でスイングスピードを上げてしまうと

手首の動きが過剰になり『ダフリ』『トップ』が生じやすくなります。

できるだけ

一定のリズムでショットするには

『1』でバックスイング、『2』でダウンスイング~インパクト、『3』でインパクト~フォロースルー

といったリズムで打つと

手首の動きが抑えられて

しっかりミートすることができます。

▼アプローチのリズムの詳細はこちら

木村 陽志
木村 陽志

アプローチを上達させるには
右手の使い方
腰の高さを変えない
一定のリズムで打つ
この3つを心がけてスコアアップを目指しましょう(^^)/

スポンサーリンク

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください