ゴルフ/アドレスは変化させるべき?

ゴルフが難しい理由

ゴルフの練習場ではうまくショットできるのに

ラウンドになると急に調子が悪くなる(>_<)

という経験はないでしょうか?

その原因の一つとして

ゴルフ練習場では

☑環境:安定したライ(地面の状態)

☑目標:まっすぐショット

このように

フラットな地面で

飛球がまっすぐ飛べば満足するでしょう。

しかし

ラウンド中は

☑環境:不安定なライ(地面の形状)

☑目標:グリーンに向かってショット

このように1打1打

全く違う状況

全く違う目標に向かってショットをしなければなりません。

それがゴルフ練習とラウンドの大きな違いです。

そこで今回は

ラウンド中のショットの精度を上げるために

状況に応じて

『アドレス』を変化させる方法を解説していきます(^^)/

 
スポンサーリンク

アドレスを変化させる

今までは

アドレスの基本姿勢の解説はしてきました。

 

先程説明したように

基本姿勢だけできていても

ショットの精度は上がりません。

そこで重要なのが『スタンス』になります。

『スタンス』を変化させることで

様々なショットを打つことができます。

▼『スタンス』

このように

『スタンス』の変化を応用すると

以下のように様々なライに対応することができます。

▼上りのライでのショット

▼下りのライでのショット

▼つま先上がり、下がりのショット

このように

状況に応じて『アドレス』を変化させることで

ラウンド時のショットの精度は格段に上がるでしょう。

では、

このような状況を作り出りだして

簡単に練習を行うにはどうすればよいのでしょうか?

それは以下のようなマットを使用した練習がお勧めです。

このようなマットを

家の周りなど他人の迷惑がかからない地面において

『ミート率』を上げるスイング練習がとても効果的です。

地面は基本的に全く傾斜のない場所はないので

練習環境も工夫してみるとよりゴルフが楽しめると思います。

▼ゴルフ練習用マット

» Amazonで見てみる

木村 陽志
木村 陽志

いつもご愛読ありがとうございます。
コメントやご感想頂けると嬉しいです!!
ゴルフを楽しみましょう(^^)/

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。