ボールの方向性に影響を与える【ギア効果】って何?

【ギア効果】って何?

ギア効果とは

インパクトの際にボールが

▼フェースのトゥ(外)側に当たるとフック回転がかかり

▼フェースのヒール(内)側に当たるとスライス回転がかかります。

このような現象のことを言います。

主にウッド系のクラブで見られる現象ですが

アイアンでもわずかながら見られます。

では、なぜギア効果というのでしょうか?

ここからもう少し詳しく解説していきます(^^)/

 
スポンサーリンク

なぜギア効果というのか?

そもそもギアとはなんなのか?

ギア(Gear)は日本語にすると

『歯車』という意味になります。

この『歯車』

片方の『歯車』が回ると

もう片方の『歯車』逆方向に回るという特徴があります。

これを

ゴルフのインパクトの瞬間に当てはめてみると

ボールとフェース面が衝突すると

逆方向への力が働き

フェースのトゥ(外)側で衝突すると

以下のような

ボールは左回転、フェースは右回転の動きが生じます。

逆に

フェースのヒール(外)側で衝突すると

以下のような

ボールは右回転、フェースは左回転の動きが生じます。

このように

まるでギア(Gear)=歯車がかみ合っているときのような

動きをするのでギア効果と言われるようになりました。

この現象は

ボールとフェース面が衝突する際に生じるため

特に力が直線的に伝わりやすい

フェース面がまっすぐ(立っている)ウッド系のクラブや

3~5番アイアンで生じやすくなります。

なので

飛球の方向性がどの程度ギア効果の影響を受けているか

確かめたいときは

以下のマーカーを使用して

フェース面のどこにボールが当たっているのか確かめた上で

ボールの位置を変えて

方向性を確かめてみることがお勧めです。

是非、お試し頂きご感想やご意見いただけると嬉しいです(^^)/

関連記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。