川上憲伸さんのゴルフスイングを分析~ドライバーショットが飛ぶ2つの理由~【理学療法士が解説】

とにかく飛ぶ元プロ野球選手の実力

元プロ野球選手で

中日ドラゴンズのエースピッチャーだった

川上憲伸さんのカットボールチャンネルで

木下稜プロとのガチ対決をしている動画が

アップロードされていましたが

その際に

驚いたのは木下プロに劣らぬ

ドライバーショットの飛距離と精度の良さです。

 

2017年3月にプロ野球を引退して以来

数年が経過しているのですが

その身体機能は流石と言ったところです。

 

しかし

なぜ川上憲伸さんが

ドライバーショットで飛ばせるのでしょうか?

 

そこで今回は

川上憲伸さんが飛ばせる

2つの理由について解説します(^^)/

 
スポンサーリンク

川上憲伸さんのドライバーショットが飛ぶ理由

この動画の中で解説していますが

川上憲伸さんのドライバーショットが飛ぶ理由としては

①トップで上半身の捻転ができている(Xファクターストレッチ)

» Xファクターストレッチとは?(宮川大輔さんのスイングで解説)

» 筋肉の伸張を最大限使うと飛距離が伸びる

 

②手首のローテーションができている(二重振り子)

» 二重振り子とは?

» フェースローテーションを習得する方法

 

主にこの2つになります。

 

しかし

注意しておきたいのは

①が強調されすぎると

右方向へのプッシュやスライスボールが増えやすくなり

②が強調されすぎると

左方向へのひっかけやチーピンが増えやすくなるので

①②がバランスよく行う練習が必要になります。

 

①②をバランスよく行う練習方法は

フェース面を意識した練習がお勧めです。

▼フェース面を意識した練習

この練習は室内でも簡単に行えることと

フェース面の動きと身体の動きをゆっくり合わせることで

先程の①②のタイミングを合わせる練習にもなりますので

非常にお勧めです。

 

今回の記事を参考に

皆さんのドライバーを

さらにレベルアップさせましょう(^^)/

関連記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。