力みで生じやすい4つの怪我

力みはゴルフをダメにする

ゴルフスイングをする際に

【力み】が生じると

☑飛距離ダウン

☑ミスショット

を引き起こしやすくなり

ゴルフのパフォーマンスを大きく落としてしまいます。

▼力みを見つけるサイン

そして

【力み】によって

ダフリが生じやすくなり

地面からの外力により怪我を生じやすくなります。

そこで今回は

【力み】によって生じやすい4つの怪我について解説します。

 
スポンサーリンク

力みで生じやすい4つの怪我

【力み】によって生じやすい怪我は

主に上半身の怪我になります。

理由としては

両手でゴルフクラブを握るので

ダフリの際の地面からの外力を直接受けるためです。

主に

【力み】によって生じやすい

上半身の4つの怪我は

左肩の怪我+右肩の怪我

右肘の怪我(ゴルフ肘)

手首の怪我

バネ指

皆さんはこの中で心当たりのある怪我はあるでしょうか?

1つでも当てはまる場合は

【力み】が生じやすいスイングをしている可能性があります。

その場合

できるだけ早く【力み】を改善させて

怪我をしにくいスイングを身につけましょう(^^)/

▼10秒で力みを改善する方法

関連記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。