テイクバックだけで飛距離が伸びる方法

ほんの少しの変化で飛距離を伸ばす

ゴルフで飛距離をもう少し伸ばしたい‼

誰もが一度は思うことだと思います。

 

しかし

飛ばそうと思って

誤って力みが増えてしまうと

飛ばないだけではなく

方向性やミスショットが増える

原因になってしまいます。

 

そこで今回は

スイングを大きく変えずに

飛距離アップする方法をご紹介します(^^)/

 
スポンサーリンク

飛距離が伸びるテイクバック

この動画の中で

片山晋呉プロが解説していますが

飛距離を伸ばすためには

テイクバックの際に

クラブ(グリップエンド)を

身体から離しすぎない

というところがポイントのようです。

そのためにはテイクバックは

クラブヘッドからではなく

そこよりもスイング時の回転の中心に近い

手が先に動くようにします。

 

この動きを実践することで

バックスイングの際に

溜めが生まれて

身体の力がクラブに伝わりやすくなります。

 

これによって

弾道が高くなり

特にスライスしやすい方は

ボールが捉まりやすくなります。

 

簡単な動きなので

練習の際に実施して

大きく飛距離が伸ばせるかもしれません。

 

是非実践してみて頂ければと思います(^^)/

関連記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。