アプローチでボールを浮かす/転がす方法

アプローチではまず浮かす/転がす技術を

アプローチはゴルフのスコアアップに大きく関係します。

グリーン周りでワンパット圏内に寄せる技術があれば

どれだけ強気にプレイできるでしょうか?

今回はその第一歩として

アプローチを浮かす&転がす方法を解説します(^^)/

 
スポンサーリンク

どんな時に浮かす/転がす?

アプローチでボールを浮かせることを【ロブ】と言ったりしますが

【ロブ】を使う場面は写真のように

グリーンが高い位置にある砲台グリーンなどで使われる技術になります。

▼砲台グリーンとは?

アプローチでボールを転がすことを【ラン】や【ピッチ&ラン】と言ったりします。

主に【ラン】や【ピッチ&ラン】は

比較的フラットなグリーン周りで

30ヤード以内のアプローチとして使われることが多いです。

アプローチで浮かす&転がす方法

浮かす【ロブ】ショット

バックスイング(テイクバック)でアウトサイドの方向に

クラブヘッドを動かします。

これだけでボールは浮きやすくなります。

次に

転がす【ラン】ショット

バックスイング(テイクバック)でインサイドの方向に

クラブヘッドを動かします。

これでけでボールは転がりやすくなります。

とてもシンプルな方法ですが

まずは練習場や室内練習で

アプローチを行う際にためしてみていただければと思います(^^)/

関連記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。