ゴルフ/飛距離アップできない2つの理由

飛距離アップできない2つの理由

飛距離がなかなかアップせずに困っていませんか?

飛距離が出るダイナミックなショットをすることは

ゴルフの楽しみの中の一つになります。

飛距離アップする要素は

☑ 筋力

☑ ヘッドスピード

☑ 身体の柔軟性

など様々なものがありますが

『アドレス』と『フォロースルー』に着目して解説していきたいと思います。

 
スポンサーリンク

飛距離ダウンするアドレス

飛距離ダウンを引き起こすアドレス姿勢は

写真①-Aのように

骨盤の前傾(前に倒れる)角度が不足しているので

背中が丸くなってしまいます。

写真①-Bのように

骨盤の前傾がしっかり行えていると

背中は伸びて膝(ひざ)の曲がる角度も少なくなります。

▼これだけ修正して撮影した動画です。

いかがでしょうか?

スイングを見くらべてみると

明らかに右側(After)動画の方が

腰の回転がしっかりできており

フィニッシュでも右足裏がしっかり見えています。

これは

骨盤の前傾角度が改善したことで

股関節の動きの制限がなくなったことが

スイングが変化した理由になります。

▼骨盤前傾と股関節の動きの関係についてはこちら

この腰の回転が十分に行われることで

スイングの際にしっかり振りきることができて

飛距離アップに繋がります。

次にもう一つのフォロースルーの

問題点について解説します。

飛距離ダウンするフォロースルー

飛距離ダウンするフォロースルーに関しては

左写真のようにインパクトを過ぎたフォロースルーの時期になっても

ボールを置いていた場所を見続けてしまい

頭が上がってきていないので

身体の回転が抑えられてしまっている状態です。

これもスイングの回転不足となり

右写真のように

フィニッシュが中途半端(クラブが頭の後ろまできてない、足裏がみえない)

になってしまっています。

これにより

飛距離がダウンしてしまいやすくなります。

▼フォロースルーに問題のあるスイング

木村 陽志
木村 陽志

最後にまとめると
飛距離アップできないのは身体の回転不足が原因
身体の回転不足は
①アドレスでの骨盤の前傾角度の不足
②フォロースルーで頭が残ったまま

これらが問題で引き起こされます。
逆にここを改善すれば『飛距離アップ』するチャンスです。
まずは、ご自身のスイングを動画で観察してみてください(^^)/

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。