当たらなくなったら【ハーフスイング】で即改善する3つのポイント

ミスショットが修正できない

最近、ゴルフのショットが安定していたのに

突然、ミスショットが出て

そこから修正できない!!

なんて経験はあるでしょうか?

 

そのような時は

原因が分からずにミスを修正しようと

さらに練習してもっとミスが増えてしまう。

そんな悪循環に陥ってしまう可能性もあります。

 

しかし

どんなスイングであっても

ハーフスイングの基本さえできていれば

ショットは安定してきます。

 

つまり

ミスが増えた時にハーフスイングで問題を確認し

再び修正する。

極端なことを言えば

ハーフスイングの基本さえわかっていれば

ラウンド中にでも修正することはできます。

 

そこで今回はショットを安定させる

ハーフスイングの3つのポイントを解説します(^^)/

 
スポンサーリンク

ハーフスイングでスイングを整える3つのポイント

この動画の中で解説されていますが

ハーフスイングの基本となる3つのポイントは

①肘の動きを整える

➡バックスイングで左肘が伸びて

 フォロースルーで右肘が伸びる

②身体の回転を整える

➡バックスイングで胸が右側を

 フォロースルーで胸が左側を向く

③クラブの角度を整える

➡バックスイングでクラブが10~20度右にまた向く

 フォロースルーでクラブが10~20度左にまた向く

 

このようになります。

 

ミスショットが増えた時は

力みやオーバーワークでの疲れなどで

スイングが崩れた時になります。

 

このようにハーフスイングで

スイングの基本を理解しておけば

何度でもスイングを修正することができます。

 

また

動画の中で解説されていますが

調子が悪いときはハーフスイングのまま

ラウンドしてもむしろスコアが伸びたという方も

いらっしゃるようです。

 

皆さんも調子が崩れた時は

ハーフショットに抑えて

一度スイングの基本を振り返ってみましょう(^^)/

関連記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。