フェアウェイバンカーを抜け出す3つのポイント

フェアフェイバンカーって?

フェアウェイバンカーとは

ミドルホールやロングホールの

2打目地点に設けられているバンカーになります。

 

グリーン周りのバンカーよりも

比較的平坦なのが特徴的です。

 

しかし

フェアウェイバンカーに入ってしまうと

残り150~200ヤードの飛距離が残るため

平坦とはいえ

飛距離が求められるので

ある程度ポイントを押さえておく

必要があります。

 

そこで今回は

フェアウェイバンカーから抜け出す

3つのポイントを解説します(^^)/

 
スポンサーリンク

フェアウェイバンカーを抜け出す3つのコツ

この動画の中で

ロリー・マキロイが解説していますが

フェアウェイバンカーを

スムーズに抜け出すためには

3つのポイントがあります。

 

それは

①通常より1つ長い番手を使用する

②クラブを少し短く握る

③腰の高さを変えずにショットする

この3つになります。

 

フェアウェイバンカーは

ダフったり

ダウンブローが強調されすぎると

飛距離が稼げませんので

ミスをしたとしても

ハーフトップでボールを捉えるくらいが

丁度良いでしょう。

▼ハーフトップの打ち方

皆さんも

1打目のミスを引きずらないように

フェアフェイバンカーの対策を

立てておきましょう(^^)/

関連記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。