ゴルフ/『手打ち』になる2つの原因

『手打ち』になる2つの原因

ゴルフは本来、身体全体を使ってスイングし

遠くへボールを飛ばすことができるスポーツです。

しかし

スイングの方法を理解していないと

陥りやすいのが

『手打ち』スイングです。

『手打ち』スイングとは

身体全体ではなく腕のみでスイングしてしまうことになります。

では

▼『手打ち』スイングの一例をご紹介します。

いかがでしょうか?

いろいろと気になる部分はありますが

この動画のスイングは『手打ち』スイングの典型例といえます。

では

このスイングの中で

『手打ち』になる原因は何なのでしょうか?

それは

① アドレスで手が離れている

② スイング中の腰の回転不足

の2つになります。

ここから

この2つの原因を説明していきます。

 
スポンサーリンク

① アドレスで手が離れている

左の写真のようにアドレスで

手とお腹の距離が離れていると

スイングの際に身体の動きと腕の動きが連動しにくいので

『手打ち』スイングになりやすくなります。

通常の手の位置は

右写真のように地面と垂直になります。

手が離れてしまう理由の一つとしては

骨盤の前傾(前に倒れる)角度

が不足してしまっていることで生じている可能性があります。

最適な骨盤の前傾角度はこちらの記事で解説しています。

② スイング中の腰の回転不足

次に問題なのは

腰の回転不足です。

これは極端な例ですが

フィニッシュを向かえても腰の回転不足により

右足が地面から離れていません。

通常はインパクト付近で右足の踵が離れはじめます。

フィニッシュでも足が離れていないということは

下半身の回転がほとんどなく

ほぼ上半身でスイングしていることになります。

つまり

『手打ち』スイングです。

この腰の回転不足は

様々な要因で引き起こされますが

実は骨盤の前傾角度の不足で生じる可能性があります。

▼骨盤前傾と腰の回転不足を解説した記事はこちら

木村 陽志
木村 陽志

意外ですが
『手打ち』スイングになる原因は
① アドレスで手が離れている
② スイング中の腰の回転不足
両者ともに骨盤の前傾角度が要因となっています。
『手打ち』スイングを改善するには
アドレスから見直すといいですね(^^)/

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。