ショートパット外さなくなる練習方法~インパクトと打ち出しを極める~

パッティングはインパクトと打ち出しが命

これさえ入れば・・・

ショートパットを外してしまうことほど

悔しいことはありません。

 

ここで入るか入らないかで

ライバルや同伴者と

大きな一打が開いてしまいます。

 

しかし

逆にショートパットを

確実に決めることが出来れば

プレッシャーをかけることできます。

 

では

ショートパットの精度を高めるためには

何を意識して練習すればよいのでしょうか?

 

それは

●インパクト(怖がらずしっかり当てる)

●打ち出し(打ち出方向性が命)

といった部分になります。

そこで今回は

この2つを意識してショートパットの確率を

最大限に高める練習方法をご紹介します(^^)/

 
スポンサーリンク

ショートパットが強くなる練習方法

この動画の中で

堀川未来夢プロが解説していますが

ショートパットを極めるために

愛用しているのが

堀川未来夢プロ

この動画は案件ではないようで

以前からかなり重宝しているようです。

 

ちなみに

現在日本でパット率No.1の片岡尚之プロも

時々このパターレールを使用するそうです。

 

このレール上をボールが転がりきるためには

先程説明した

●インパクト(怖がらずしっかり当てる)

●打ち出し(打ち出方向性が命)

の2つの要素が成立していないと

困難になります。

 

パッティング練習は地味ですが

このようにしっかりと目的を持った上で

集中して練習することで

パット数を減らすことが出来ますので

ショートパットが苦手な方は

是非お試し頂ければと思います(^^)/

関連記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。