【ゴルフ】ダフリをなくす2つの練習方法

ダフリは最悪なミスショット

ダフリとは

クラブフェースがボールに接触するより先に

地面と接触してしまうことで生じるミスショットのことをいいます。

このダフリはボールがほとんど飛ばないので

スコアを大きく下げてしまうミスショットといえます。

» 許されるミスショットは?

そこで今回は

この厄介なダフリを即改善する2つの練習方法をご紹介します(^^)/

 
スポンサーリンク

①ゴルフ練習用マットを使用

まず1つ目は

ゴルフマットを使用した練習になります。

この動画の中で説明しているように

スイングしてクラブフェースはマットに当たるが

マット自体はほとんど動かないというのが

ミスショットではない理想的なインパクトになります。

しかし

☑空ぶれば➡トップ

☑マットに当たるが動きすぎる➡ダフリ

というようにミスショットである場合は一目瞭然です。

ただ単に素振りだけするのではなく

スイングを大きく変えずに

ダフリとトップを確実に減らすことができる練習になります。

▼詳細は以下の記事をご覧ください

②右手打ち練習

次に2つ目は

右手打ち練習になります。

ゴルフスイングにおいて

右手を使いすぎてしまうとダフリの原因となってしまいます。

特に

☑上半身だけでスイングしている

☑腰の回転不足

がある方は右手だけでボールを捉えることは困難です。

ミスショットが多い方は試しに右手打ちを行ってみてください。

ほぼボールに当たらないと思います。

この練習は身体全体の使い方の学習にもなるので

渋野日向子選手も取り入れている練習になります。

▼詳細は以下の記事をご覧ください

この2つの練習がクリアできると

無理にスイングを修正するよりも

ダフリを軽減しやすくなります。

週末のゴルフに間に合わせたいという方にはお勧めの練習になります(^^)/

関連記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。