ドローとフェードをバックスイングだけで簡単に打ち分ける方法~最小の変化を加えるだけ~

ドローとフェードの二刀流は難しい

プロゴルファーの

試合の中継を見ていると

状況に応じて

ドローボール

フェードボールを打ち分けて

多彩な戦略で数々の

名プレーを演出してくれます。

 

しかし

それを見て

自分自身もドローフェード

打ち分けができるように

練習しようとすると

どちらかは一時的に習得できても

もう片方を習得しようとすると

スイングが崩れて

今度はスイングを戻そうとすると

ドローフェード

どちらも打てなくなってしまうという

残念な落ちになってしまうこともあります。

 

そこで今回は

スイング自体を大きく変えずに

最小限の動き(バックスイング)で

ドローフェード

打ち分ける方法をご紹介します(^^)/

 
スポンサーリンク

ドローとフェードの打ち分け方

ドローフェード

打ち分ける際に

スタンスを変える

という方もいらっしゃいますが

変化を加えすぎてしまうと

大きくパフォーマンスを

崩してしまう可能性があるので

今回の方法は

一切スタンスは変えずに

バックスイングだけを変化させて

ドローフェード

打ち分けるシンプルな方法になります。

イラストのように

バックスイングの初動(テイクバック)で

ドローの場合はインサイドへ

フェードの場合はアウトサイドへ

クラブヘッドを動かします。

こうすることで

①ではフォロースルーで

クラブがアウトサイドに

抜けていくので

ボールに左回転がかかる

ドローボールが出やすくなります。

 

逆に

②ではフォロースルーで

クラブがインサイドに

抜けていくので

ボールに右回転がかかる

フェードボールが出やすくなります。

 

このように

ドローフェード

打ち分けに挑戦するときは

まずは最小限の動きである

バックスイングのみ変えてみましょう。

 

ちなみに

この練習を行う時に

便利なのが

アライメントスティックになります。

先程のイラストで示した

バックスイングの軌道上に

アライメントスティックを置いて

視覚情報も使いながら

スイングすることで

ドローフェード

スイング軌道が意識しやすくなります。

 

まずは

シンプルな練習方法から始めて

ドローフェードの二刀流で

さらに皆さんの

ゴルフをレベルアップさせましょう(^^)/

▼参考動画

関連記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。