ドライバー(1W)の選び方

ドライバーは最も高価な買い物

ドライバー(1W)はゴルフクラブの中で

最も高価な買い物になることが多いです。

そのため

皆さんにとって

『失敗したくない』

買い物になると思います。

そこで今回は

自分自身にあったドライバーの選びのポイントを

簡単に解説します(^^)/

 
スポンサーリンク

ドライバーの選び方

自分にあったドライバーの選び方は

現在のスイングに応じて決定します。

なので

ある程度自分のスイングが固まってから

購入を検討することが重要です。

まだゴルフを始めたばかりで

スイングが固まっていない場合は

まずは今持っているドライバーに慣れるようにしましょう。

では

具体的に何を指標に評価したらよいのでしょうか?

それは

①ヘッドスピード

②方向性

になります。

練習を重ねていくと

この2つの項目がある程度固定されてきます。

それが良かれ悪かれドライバーを選択する指標になります。

ではここから

ドライバーを選択する上で

この2項目をどう使うのか解説していきます。

①ヘッドスピード

まずヘッドスピードは以下の方法で計測します。

▼ヘッドスピードの計測方法

上記事の方法で計測した後

ご自身に合ったシャフトの柔らかさ(フレックス)を選択します。

▼ドライバーシャフトのフレックス

この『フレックス』が合っていないと

ボールの方向性など大きく影響が出ますので

ご自分の『ヘッドスピード』は知っておきたいですね。

②方向性

ボールが飛ぶ方向性には何種類かあります。

皆さんはどちらに飛びやすいでしょうか?

▼飛球の方向性

皆さんが飛びやすい方向によって

『シャフトの調子』を選択します。

▼シャフトの調子とは?

これを選択することによって

『方向性』『弾道』に影響を与えます。

最後に2020年の売れ筋ドライバーを

ご紹介しておきます。

2020年売れ筋ドライバー

2020年売れ筋ドライバーは

Amazonでのランキングを参考に書いた記事になります。

▼売れ筋ドライバー

と、ここまでいろいろなことを

ご紹介しましたが

一言でドライバーを購入するには

『スイング診断』が必須ということになります。

自分にピッタリのドライバーを選択して

ゴルフのラウンドの最初のTショットを

気持ちよくむかえましょう!!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。