ドライバーが曲がらなくなる左足の使い方

ドライバーが暴れてしまう

アイアンは調子が良いのに

ドライバーショットが暴れてしまう(>_<)

そういった方は

☑チーピン、ひっかけ

☑スライス

など方向性の悩みを抱えている方が多いです。

その理由の一つとして

スイング中の身体の回転ではなく

●伸び上がり

●スウェー

などが強調されてしまう方が

そのようなミスショットに苦しめられます。

そこで今回は

ドライバーショットの際の

伸び上がりやスウェーを解消する

左足の使い方について解説します(^^)/

 
スポンサーリンク

ドライバーが曲がらなくなる左足の使い方

この動画の中で解説されていますが

ドライバーの方向性を安定させるには

上半身と下半身の回転を

バランスよく行う必要があります。

▼上半身と下半身の動きのバランスがいいスイング

特に大半の方が苦手なのが

下半身の回転になります。

 

それを極端に行う方法が

インパクトの際に“左足を蹴る”になります。

 

左足を蹴ると聞いて

ん?と思った方もいらっしゃるかもしれません。

 

なぜならば右足を蹴るはよく聞きますが

左足を蹴るとはあまり聞きなれないからです。

 

正確に言うと

“左足を蹴る”ではなく

“左足を後ろに引く”といったイメージになります。

 

これを行うことで

●伸び上がり

●スウェー

など、身体の回転不足に悩む方は

下半身の回転が強調されやすくなり

ドライバーの方向性が安定してきます。

 

スイング改造するためには

徐々にではなく

極端に大きい動作で覚えることで

習得しやすくなります。

 

まずは練習の際に是非試してみましょう(^^)/

関連記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。