ドライバーが上手くなるコツは【遠心力】を使うこと

ドライバーが打てない人の特徴

アイアンは打てるのに

ドライバーが打てない

(スライス、フックなど)人は

1打目が決まらず

スコアも伸び悩んでしまいます。

 

ドライバーに自信がないと

ロングホールで

控えめなクラブを

選択せざるを得ず飛距離を

楽しむこともできません。

 

ではドライバーを

打てない人の特徴は何なのでしょうか?

 

それは遠心力

使えていないことになります。

 

今回はドライバーが

上手くなる遠心力

使う練習法をご紹介します(^^)/

 
スポンサーリンク

ドライバーが上手くなる遠心力

この動画の中で解説されていますが

ドライバーが上手くなるには

遠心力を利用する

スイング練習が必要になります。

 

その方法は

①ハーフスイングで練習すること

➡ドローボールを打てるように

この時点でスライスしたり

フックするとフルショットでは確実にそうなる

 

②インサイドからのダウンスイングを意識する

遠心力を使いやすくなる

ドローボールが出やすくなる

▼ダウンスイングの動きを理解する練習法

③ヘッドの重さを感じる

➡ヘッドの重さを感じる=重さに身を任せる

ということになるので

遠心力を利用したスイングと言えるでしょう

▼ヘッドの重さを感じる練習

以上の3つをポイントを参考に

練習しドライバーを皆さんの

強い武器として使えるようにしましょう(^^)/

関連記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。