切り返し(ダウンスイング)でインサイドから腕をおろす方法

切り返しを意識し過ぎるとミスが増える

ゴルフスイングの難関である

トップから

ダウンスイングにかけての

切り返しで苦労する方は多いです。

 

なぜかというと

バックスイングと

ダウンスイングの切り返しでは

大きく

スイングの動きが変化するからです。

 

そこで今回は

切り返しで正しく腕を

インサイドから

おろす方法をご紹介します(^^)/

 
スポンサーリンク

切り返しでインサイドから腕をおろす方法

この動画の中で

解説されていますが

今回の方法では

ダウンスイングでインサイドから

腕をおろすのに

膝を少し曲げる動きを加えます。

 

腕をおろすとなると

腕ばかりに意識がいきそうですが

それをしてしまうと

カット気味のスイング軌道となり

スライスが出やすくなったり

手首がほどけてダフリなどの

ミスショットが

増えてしまう可能性もあります。

 

そこで以下のように

膝の動きを使うことで

腕が自然におりる方法を行います。

このように意識を

腕ではなく膝に持っていき

ダウンスイングで若干膝を曲げることで

腕が自然におりてきて

インサイドからの

スイング軌道に乗るようになります。

 

やや難易度が

高い方法ではありますが

この方法を覚えると

インパクトの際の

伸び上がり予防にもなりますので

少し試してみる価値はありそうですね。

 

今回の方法を

参考にさらなる

レベルアップを目指しましょう(^^)/

関連記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。