『トッププロ』と『アマチュア』はダウンスイングが大きく違う!!

『トッププロ』と『アマチュア』のスイングの違い

タイトルにありますが

『トッププロ』『アマチュア』の大きな違いは

ダウンスイングになります。

なぜこのような違いが出てしまうのか?

今日はその辺りを解説していきます(^^)/

 
スポンサーリンク

ダウンスイングのチェック方法

写真のように

大きな違いはダウンスイングの軌道になります。

『トッププロ』は腕が一旦下に下がる動きとなっていますが

『アマチュア』は腕が下に下がる動きはほとんどありません。

『トッププロ』のこの動きは

シャローイングと言います。

シャローイングについては過去の記事で解説していますので

詳しくはそちらをご覧ください(^^)/

▼シャローイングを習得する方法

このシャローイングができていると

しっかりと腰を使った下半身主動のスイングができていることになります。

そして

スイング軌道は

以下のようなインサイドアウトの軌道になります。

このスイング軌道だと

ドローやフック系のボールが出やすくなります。

そして飛距離が出やすくなります。

では

『アマチュア』のように

シャローイングができていない場合の

スイング軌道はどうなるのでしょうか?

この場合

上半身主動のスイングである可能性が高く

スイング軌道は

以下のようなアウトサイドインのスイング軌道になります。

このスイング軌道だと

フェードやスライス系のボールが出やすくなります。

そして飛距離が出にくくなります。

では

上半身主動のスイングだとどういうスイングになるのか?

以下に上半身主動の動画を示します。

動画の中の

左のスイングがBforeで上半身主動のスイングになります。

右のスイングがAfterで下半身主動のスイングになります。

注目すべき大きなポイントとしては

BeforeよりもAfterの方が明らかに

インパクト以降に右足裏が地面から離れています。

このように下半身主動のスイングができているのかどうか

皆さんもご自身でチェックしてみてはいかがでしょうか?

▼ダウンスイングの自己分析

最後に

シャローイングが行いやすくなる

下半身主動のスイングを身につける練習方法を

ご紹介しておきます。

▼腰の回転を意識する練習

皆さんも『トッププロ』のような

下半身主動のスイング獲得を目指しましょう(^^)/

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。